• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

234件中 181 - 190 件を表示

19 / 24ページ
  • 冷媒継手の向き

    冷媒管の継手の向きは、メイン管(先に作図されている冷媒管)を作図した順番により決定されます。 下図のように①から②の順番でメイン管を作図した場合、1点目を上流とみなした向きで継手が発生します。 <ワンポイント> 継手を逆向きに変更したい場合 メイン管のルートを作図しなおさずに簡単に接手の向きを変更することができます。 ⑴リボンメニューの「空調」タブより「配管向き変更」を 詳細表示

  • 給水栓の接続方法

    部材配置より給水栓を選択し、作図済みの配管に接続する場合、「基準点」が[代表点]のままでは管の情報を読み取ることができず、接続ができません。 次の方法にて接続が可能です。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[部材配置]を選択します。 (リボンメニューの「空調」タブの中にもあります。 ②「部材配置」ダイアログが表示されますので、部材を選択します。 (例:03-接 詳細表示

  • 干渉チェックしたい

    指定してください。 ③右クリック確定します。 ④「干渉許容差」を入力し、[実行]ボタンをクリックします。 (例えば許容差が「50」の場合、配管同士の隙間が45mmの場合は「干渉している」となります) ⑥干渉している部品がある場合は「選択している部品が、干渉しています」と表示され[OK]ボタンをクリックすると一覧表が表示されます。 「選択している部品は干渉していません」と表示 詳細表示

  • スリーブ配置

    スリーブの属性を設定する対象は、「配管」、「ダクト」、「ラック」、「レースウェイ」、「ダクト」、「バスダクト」となります。 さらに、配置方法は「手動」・「半自動」・「自動」から選択できます。 スリーブ種類は「紙・丸」・「鉄・丸」・「塩ビ・丸」・「木・角」・「鉄・角」の5種類から選択できます。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順とな 詳細表示

  • 「プロシージャエントリポイント・・・が見つかりません」エラー

    の詳しい操作方法はこちらをご覧ください。 ※注意※ 機器ユーザ登録、配管ユーザ登録をしている場合はアンインストールする前に必ずデータのバックアップを作成してください。 バックアップ作成の操作方法は添付ファイル「Filder Cubeエクスポート・インポートマニュアル」をご確認ください。 詳細表示

  • 機器の一覧を作成する方法

    「器具表」コマンドにて簡単に使用機器の一覧を作成することが出来ます。 【操作手順】 ①リボンメニューの「空調」タブの「器具名▼」より「器具表」を選択します。 (「衛生」「ダクト」タブからも選択できます) Filder Riseの場合「空調配管」タブの「器具名▼」より「器具表」を選択します。 ②対象の機器(器具)が作図されている範囲を範囲選択します。 ③右クリックで確定し 詳細表示

  • レイヤ、シートごとのスケール(縮尺)について

    、例えばトレーシングペーパーのようなもので、1枚目に「躯体図」、2枚目に「衛生配管」、3枚目に「空調配管」を作図すると、1枚目と2枚目を重ね合わせると「衛生配管図」、1枚目と3枚目を重ね合わせると「空調配管図」というように、1つのデータ内でパターンを変更することができます。 また、レイヤをグループ化することにより、グループごとに表示/非表示、編集可/編集不可の設定をすることができます 詳細表示

  • 円の半径・直径を表記したい

    配管」「空調配管」「ダクト」「電気」「傍記」タブから選択できます。 ②コマンドプロパティの「モード」で「半径」または「直径」を選択します。 ③円周上をクリックします。 ④マウスを動かして配置する角度を指示します。 ※「角度ボタン」をOFFにすると自由な角度で配置できます。 <ワンポイント> 「R」「Φ」などの表示方法を変更する ⑴ 寸法線コマンド 詳細表示

  • アンダーラインとボックス文字

    ります。) FILDER Rise:リボンメニューの「ホーム」「衛生配管」「空調配管」「ダクト」「電気」「傍記」タブの中にもあります。 ②「文字」ウィンドウが開きますので文字を入力します。 ③コマンドプロパティの文字修飾から「アンダーライン」「ボックス」「二重ボックス」のいずれかを選択します。 ※ここでは例として「アンダーライン」を選択します。 ④図面上をクリックして 詳細表示

  • 簡単な伸縮・移動・複写

    FILDERシリーズでは「コントロールポイント」を使用して簡単に伸縮・移動・複写ができます。 コントロールポイントは、コマンドキャンセルの状態で図形を選択した時のみ表示されます。 図形や配管をクリックすると、▲や■が表示されます。 【伸縮 「▲」 】 ▲をクリックして伸縮したい位置で再度クリックします。 ラベルの矢先なども簡単に伸縮することができます 詳細表示

234件中 181 - 190 件を表示

お問い合わせ