• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

224件中 11 - 20 件を表示

2 / 23ページ
  • 配線に空配管の記号を付けたい

    配管記号を付加する場合 (1)リボンメニューの「電気」タブより「配線」コマンドを選択します。 (2)コマンドプロパティの「電線種類」より「電線なし」を選択します。 (3)続けて「配線種類」より「配線なし」を選択します。 (4)コマンドプロパティの「プレビュー」に空配管記号が表示されない場合は[切替]を押して 表示内容を変更します。 (5)配線を作図すると、空配管記号も同時に付加され 詳細表示

  • 機器や配管を大きく複写したい

    ます。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティの「倍率」欄の▼をクリックし、プルダウンメニューから「カーソル指示」を選択します。 FILDER Rise:プロパティの「倍率」欄の▼をクリックし、プルダウンメニューから「カーソル指示」を選択します。 ③複写する部分を枠 詳細表示

  • 配管の切断が出来ない

    切断しようとする配管のレイヤスケールと、カレントレイヤのスケールが異なっていることが原因です。 カレントレイヤを変更すると、切断が可能になります。 【操作手順】 ①図面の何もないところで右クリックし、ショートカットメニューから「レイヤ制御」を選択します。 ②一覧表示の場合、赤太字で表示されているレイヤがカレントレイヤ(作図しようとしているレイヤ)となります。 プレビュー表示の 詳細表示

  • 同じ配管(ダクト)なのにレイヤが別れる

    レイヤ名称を途中で変更していませんか? Filder Cube(Filder Rise)の初期設定では、「配管,ダクト用途名称と同名のレイヤに作成する」という設定になっています。 作図後にレイヤ名称を変更してしまうと、「同名のレイヤ」が無いとみなし、新しく配管のレイヤが作成されます。 このような場合は、全て作図後に別れてしまったレイヤを結合するか、図形のレイヤ移動をお願いいたします 詳細表示

  • 配管・ダクトの保温表示

    ◆保温表示された配管・ダクトの作図 ここでは、例として衛生配管でご説明します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[衛生配管]を選択します。 ②コマンドプロパティの[ハッチング・塗りつぶし・保温設定]ボタンをクリックします。 ③「ハッチング・塗りつぶし・保温設定」ダイアログが表示されますので、「保温」にチェックを入れます。 ●保温表示 詳細表示

  • 配管やダクトにサイズを表記したい

    「サイズ記号」コマンドにて略称、サイズ、高さ(スリーブはサイズ、高さのみ)を表示することができます。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ここでは例として衛生配管に個別でサイズ記号を付加する方法をご案内致します。 一括配置の方法についてはこちらをご覧ください。 ①リボンメニューの「衛生」タブより 詳細表示

  • 接続先の配管高さを取得して作図したい

    初期設定では配管、ダクト作図時にプロパティの高さ(現在の属性)を優先する設定となっておりますので、以下の方法にて接続先の高さを取得する設定に変更してください。 【設定方法】 ①リボンメニューの「設定」から[配管設定]または[ダクト設定]を選択します。 ここでは、例として[配管設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「基本」タブの「接続部材の属性」より「接続 詳細表示

  • 複層階での配管作図方法

    Filder Cubeではシートを利用して「複層階」の階高情報を設定することが可能です。 高さ情報を持たせたシートがあれば、各階のFL基準で配管を作図することができます。 ここでは例として、平面図には階情報を付加せず、設備情報のみ1FL、2FLで作図する方法をご案内します。 ※シートの基本操作についてはこちらをご覧ください。 ◆複層階シートの作成方法 【操作手順】 ①リボン 詳細表示

  • 単線の配管に系統(種別)記号を付加したい

    配管マスターにてあらかじめ配管毎に設定してありますので、配管作図後に簡単に挿入することが可能です。 (一部初期登録のない配管もあります) ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆新規で付加する方法 【操作方法】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[系統記号]を選択します。 (リボンメニューの「空調」・「ダクト 詳細表示

  • ティーズの向きを決めながら作図

    ディーズの向きを決めながら作図する場合、下記手順で設定をします。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」より[配管設定]を選択します。 ダクトの場合は[ダクト設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「基本」タブの「部材向き変更」の項目を「問い合わせあり」に設定します。 ③[OK]ボタンをクリックします。 ④枝管を作図します。メイン管をクリック 詳細表示

224件中 11 - 20 件を表示

お問い合わせ