• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

234件中 191 - 200 件を表示

20 / 24ページ
  • 作図済み系統記号の変更

    ある「種別変更」ボタンをクリックします。 ④「配管系統記号編集」ダイアログが開きますので、一覧より変更したい記号を選択します。 ⑤「確定」ボタンを押します。 系統記号を任意の文字や記号にする方法はこちら ◆系統記号のサイズを変更する方法 コマンドキャンセル状態で系統記号を一つ選択し、プロパティの「文字高さ」にて変更します。 ◆系統記号と配管の間隔を変更 詳細表示

  • トリムできない

    。 (リボンメニューの「衛生」・「空調」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」・「躯体トレース」タブの中にもあります。) FILDER Rise:(リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティの「モード」を「トリム」に変更します。 ③「補助線含む」を「On」に設定します。 ④境界線をクリックします。 ⑤残す線をクリック 詳細表示

  • 自動ALL_INの設定が効かない

    。 【操作方法】 ①リボンメニューの「基本作図」タブから[移動]を選択します。 (リボンメニューーの「衛生」・「空調」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」・「躯体トレース」タブの中にもあります。) FILDER Rise:(リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」タブの中にもあります。) ②画面下部の選択種類「自P」をクリックし、「自動-ALL_IN 詳細表示

    • No:1618
    • 公開日時:2018/01/04 10:11
    • 更新日時:2018/08/28 17:32
    • カテゴリー: 選択種類
  • 図形の面積

    [面積計算]を選択します。 (リボンメニューの「衛生」・「空調」・「ダクト」・「電気」・「ツール」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「ツール」タブの中にもあります。 ②面積を知りたい図形の全ての交点を左クリックしていきます。 最初にクリックした交点で閉じるように1周クリックすると面積が表示されます 詳細表示

  • 文字と重なっている部分の図形を消したい

    。(この場合FILDER Riseの画像は掲載致しません) ◆作図時 【操作手順】 ①リボンメニューの「基本作図」タブから[文字]を選択します。 (リボンメニューの「衛生」・「空調」・「ダクト」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティより、「文字背景を隠す」の右側にある 詳細表示

  • 図形の回転方法(キーボード矢印キーを使う)

    [移動]を選択します。 (リボンメニューの「衛生」・「空調」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」の中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「基本作図」・「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」タブから選択できます。 ②移動する図形を選択します。 ③右クリックで確定します。 ④基点をクリックします。 ⑤キーボードの 詳細表示

  • 用紙枠をCADの基準線に合わせるには

    表示されますので、「印刷マージン」の上下左右欄を「0」に設定します。 ③[OK]ボタンをクリックします。 ◆「高さ基準」の設定 【操作説明】 ①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「高さ」タブを選択します。 ③「高さ基準」の「座標指示する」にチェックを入れます。 ④[OK]ボタン 詳細表示

  • 電気シンボルがシンボルの途中で隠線処理される

    ます。) FILDER Rise:リボンメニューの「電気」タブから、[隠線処理]を選択します。 (リボンメニューの「衛生配管」「空調配管」「ダクト」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティの「モード」を「復活」に設定します。 FILDER Rise:プロパティの「モード」を「復活」に設定します。 ③隠線処理を解除する部分を囲むように選択します 詳細表示

  • 線分の一部を削除したい

    メニューの「基本作図」タブから、[削除]を選択します。 (リボンメニューの「衛生配管」「空調配管」「ダクト」「電気」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティの「モード」を「部分削除」に設定します。 ③「指示方法」を「2点間」に設定します。 ④削除したい範囲の境界点を2点指示します。 ⑤削除したい部分を線上で指示します。 ⑥⑤で指示した 詳細表示

    • No:872
    • 公開日時:2019/02/16 11:42
    • 更新日時:2019/12/05 13:21
    • カテゴリー: 編集(基本作図)

    • CubeRise
  • 画像と図形を一緒に回転したい

    Rise:リボンメニューの「衛生配管」「空調配管」「ダクト」「電気」タブの中にもあります。 ②回転させたい画像と、一般図形を選択します。 (下記では例として、画像と文字を一緒に回転させます。) ③右クリックで確定します。 ④基点を指示します。 ⑤回転したい方向に合わせてキーボードの十字キーの「←」キー又は、「→」キーを押します。 (④で指示した基点を軸に回転します 詳細表示

234件中 191 - 200 件を表示

お問い合わせ