• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

234件中 201 - 210 件を表示

21 / 24ページ
  • 塗りつぶしを最前面に移動させるには

    メニューから「最前面へ移動」を選択します。 真ん中の灰色の円の塗りつぶしを最前面に移動するか、最背面の黒い四角の塗りつぶしを最前面に移動させると、黄色の三角の塗りつぶしが真ん中に配置されることになります。 <ワンポイント> 配管の塗りつぶし面を最前面へ移動する場合 配管やダクト、機器・器具などに属性として塗りつぶしを設定している場合は、ショートカットメニューの「最前面へ移動 詳細表示

  • 斜めのダクトの書き方

    Rise:プロパティの作図選択で2段目の左から1番目を選択します。 ここでは、例として高さを「2500」に設定します。 ※ 作図選択の詳細に関しましては、ユーザーズガイドをご参照ください。 FILDER Cubeユーザーズガイド:「3-2-2 配管の作図選択」、「4-2-2 ダクトの作図選択」 FILDER Riseユーザーズガイド:「4-2-5 通気配管の作図(座標入力作図) ワン 詳細表示

  • 見積連動について

    図面に描かれている配管・ダクト・器具・機器から、見積りに必要な集計を行います。 施工区分の設定ができますので、施工区分ごとに集計をすることもできます。 ※ DXF形式で入手した設計図など、設備の属性がない基本図形で描かれている配管・ダクト・器具・機器は、 「設備化」または「部材情報付きシンボル」による情報付加が必要です。 集計した情報データを積算ソフトに渡すことにより、見積 詳細表示

    • No:312
    • 公開日時:2016/08/02 11:38
    • 更新日時:2017/11/20 15:01
    • カテゴリー: 見積連動関連

    • RiseCube
  • 文字修飾の幅を変えたい

    の中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「ホーム」・「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティの文字修飾から「アンダーライン」、「ボックス」、「2重ボックス」のどれかを選択します。 FILDER Rise:プロパティの文字修飾から「アンダーライン」、「ボックス」、「2重ボックス」のどれかを選択します。 ここ 詳細表示

  • 機器選択のダイアログが表示されない

    」タブ、「空調」タブの[機器ライブラリ]の中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」、「空調配管」、「ダクト」タブから[機器]を選択します。 ②「機器配置」の設定ダイアログが表示されますので、[検索]ボタンをクリックします。 ③「機器配置」の機器選択ダイアログが表示されます。 ④「次回以降省略」のチェックを外します。 ⑤[OK]ボタン 詳細表示

  • 補助線の割り込み

    作図途中で「ここに補助線があったほうが良かった」ということがありませんか? 作図中のコマンドを終了せずに補助線の作図を行うことが可能になりました。 【操作手順】 ①配管やダクトの作図時、リボンメニューの「補助平行線」は「(割込)補助平行線」となっていますので、使用したい補助線を選択します。 (割込)と付いているコマンドが途中割り込み可能なコマンドです。 ②補助線を作図します 詳細表示

  • サイズ記号を印刷しない設定にしたい

    「記号設定」にて画面上には表示しても、印刷はされない設定に変更することができます。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「記号設定」を選択します。 ②「配管サイズ記号」「ダクトサイズ記号」「スリーブサイズ記号」より設定を変更したいタブを選択します。 ③「仮表示で作成」にチェックを入れます。 ④今後もこの設定を新規図面で有効にする場合は[デフォルト登録]ボタンを 詳細表示

  • スリーブは「SL」表記にしたい

    「記号設定」と「配管設定」にて初期値の変更が可能です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「記号設定」をクリックします。 ②「スリーブサイズ記号」タブをクリックします。 ③「高さ基準」を「SL」に変更します。 ※SLで表示されるようになったが高さの数値 詳細表示

  • 円の中心点が表示されない

    」タブをクリックします。 ③「中心点も自動判定に追加する」にチェックを入れます。 ④[OK]をクリックします。 チェックをOFFにしたまま“中心”(中心点)をとる方法 (動作速度を優先したい方向け) 線や配管などのコマンド実行中に、円の上で右クリックをして「中心点」を選択します。 基準点が円の中心に移動します。 詳細表示

  • レイヤが自動的に振り分けされているのは何故ですか

    レイヤ振り分けモードが「モード2」・「モード3」の場合に自動的に振り分けされます。なお、初期設定では「モード2」の設定になっています。 「モード2」では配管やダクトを作図すると用途名称と同名のレイヤをを自動作成して振り分けます。「モード3」ではさらに細かい指定でレイヤを振り分けることが可能です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順とな 詳細表示

234件中 201 - 210 件を表示

お問い合わせ