• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

234件中 211 - 220 件を表示

22 / 24ページ
  • 立管寸法の用途設定

    立管寸法作図時、用途種別が「部品から取得」となっている場合、配管設定の「系統記号」で割り当てられている記号が表示されます。 プロパティの「部品から取得」部分をクリックすると他の表記を選択できるようになっていますが、任意の文字を追加することも可能です。 ◆用途に任意の文字を追加する方法 【操作手順】 ① 立管寸法プロパティの歯車ボタンをクリックします。 (またはリボンメニューの 詳細表示

  • アイソメ図に管番号をつけたい

    。 ②バルーン表示するにチェックを入れます。 ③[OK]ボタンをクリックします。 ④管番号を付加する配管をクリックします。 ⑤仮表示が表示されますので、バルーンの配置位置をクリックします。 詳細表示

    • No:1120
    • 公開日時:2018/07/01 00:00
    • 更新日時:2018/07/26 15:43
    • カテゴリー: アイソメ

    • RiseCube
  • 矢印の大きさ変更

    異なる箇所がある場合、両方のご説明を記載致します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[記号設定]を選択します。 FILDER Rise:リボンメニューの「設定」タブから[記号設定]を選択します。 ②「記号設定」ダイアログが表示されますので、「配管サイズ記号」タブを選択します。 (ダクトサイズ記号、スリーブサイズ記号の「矢印」でも変更可能です 詳細表示

  • 取込んだ画像の色と同じ色を使いたい

    FILDER Cubeでは色を参照して塗りつぶしをすることができます。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 ※ FILDER Riseではこの機能はありません。 【操作手順】 ここでは、例として塗りつぶしされた配管を参照して、機器を塗りつぶします。 ①リボンメニューの「基本作図」タブから[塗りつぶし]を 詳細表示

  • 単線形状変更ができない

    クリックし、ショートカットメニューより「図形拡大」を 選択します。 ⑦基点をクリックし、拡大率を入力して[OK]を押します。 ◆設定を変更し、配置時のサイズを変更する方法 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」から[配管設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「単線/複線」タブに切り替えます。 ③単線形状欄にある、「簡易作図を行う」に 詳細表示

  • 立管寸法の矢印の向き変更

    :リボンメニューの「衛生配管」タブの[管端記号]の[立管寸法]を選択してください。 (リボンメニューの「空調配管」「ダクト」タブの[管端記号]、リボンメニューの「傍記」タブの中にもあります。) ②1本目の、引出し線の開始位置を指示します。 (立管の上に「続上」と座標アシストが表示されます。) ③2本目の、引出し線の開始位置を指示します。 ④3本目の、引出し線 詳細表示

  • 水平・垂直方向へ移動・複写するには

    Riseの画像は掲載致しません) 【操作手順】 ①リボンメニューの「基本作図」タブから[移動]を選択します。 (リボンメニューの「衛生」・「空調」・「ダクト」・「電気」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティの設定をします。 今回は文字を移動させますので 詳細表示

  • グループ化/グループ解除

    グループ化、グループ解除は次の手順となります。 注意1:配管やダクトなどの設備情報を持った図形はグループ化の対象外です。 注意2:異スケールの図形を混在してのグループ化はできません。 注意3:Filder Riseの場合一般図形と画像(含PDF)をグループ化することはできません。 注意4:補助線はグループ化の対象外です。 ◆グループ化 【操作手順】 ①リボンメニューの「基本作図 詳細表示

  • 機器の一部を削除したい(編集したい)

    [部品形状編集]のコマンドを使えば、機器情報を保ったまま一部を削除したり部分的に色を変えたりすることができます。 機器だけでなく、配管や部材なども編集可能です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ 画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 【操作手順】 ①コマンド 詳細表示

  • 材料集計したい

    材料集計コマンドにてFilder Cubeで作図した配管やダクトなどの材料を集計することができます。 ※ FILDER Riseをご利用のお客様は、「FILDER Cube」と記載されている個所を「FILDER Rise」に読み替えてください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「ツール 詳細表示

    • No:2061
    • 公開日時:2018/06/14 13:02
    • 更新日時:2018/07/17 14:42
    • カテゴリー: 材料集計  ,  拾い

234件中 211 - 220 件を表示

お問い合わせ