• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

228件中 81 - 90 件を表示

9 / 23ページ
  • エルボの配置方法

    作図した配管の先端にエルボを単品で接続する場合は次の方法となります。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 例として衛生の汚水配管の先端にエルボを配置します。 ①リボンメニューの「衛生」タブより[エルボ]を選択します。 (FILDER Riseの場合は「衛生」タブの「バルブ▼」より[エルボ]を選択し 詳細表示

  • 通気の立ち上げ継手

    通気配管の立ち上げ時に自動発生する部材は、その図面で直前で作図した汚水配管で、どの継手を使っていたかによって変わります。 初期値では汚水配管のT分岐部材は「LT」となっている為、通気作図時にも「LT」が発生します。 通気管接続の場合のみ「DT」に変更する設定はございませんので、作図後に変更をお願いいたします。 直前に作図した汚水配管の継手設定とは? 汚水配管作図時、コマンド 詳細表示

  • 設計図モードの高さ変更量について

    配管設定にて変更が可能です。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「高さ」タブを選択します。 ③最下行の「高さ変更量」にて、衛生配管、空調配管、ダクトのそれぞれの変更量を設定します。 ④今後同じ設定で作図する場合には、[デフォルト登録]ボタンを押してください。 ※「用途別高さ」は、BCS 詳細表示

  • 冷媒口径の自動計算

    「サイジング制御」にチェックを入れます。 (Filder Riseの場合は「設定」タブの中にあります) ③コマンドキャンセルの状態で作図した冷媒配管の一部を右クリックします。 ④ショートカットメニューより「流れ付加」を選択します。 ⑤最下流の配管をクリックします。 口径が自動計算されました。 注意:口径計算が終わったら、「サイジング制御」のチェックは外して頂くこと 詳細表示

  • 掃除口(COA、45度キャップ等)の付加ができない

    以下のような原因が考えられます。 ◆配管の高さと端部品の高さが同じ、または端部品の方が低い 「配管部品自動配置」のダイヤログで設定する高さは作図した配管よりも高く設定してください。 ◆すでに配管の先端にエルボや立管が付加されている 掃除口を付加する配管に既にエルボや立管が付属している場合は、直管のみの状態で付加してください。 ◆作図している配管の継手マスター 詳細表示

  • サイズ記号の略称を任意の表記にしたい

    配管設定」にて任意の表記に変更することができます。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」より「配管設定」を選択します。 ②「配管マスター」タブをクリックします。 ③略称を変更したい用途をクリックします。 ④「サイズ記号略称」に任意の略称を入力します。 ★今後の新規図面にも適用させたい場合は[デフォルト登録]ボタンをクリックします。 ⑤[OK]ボタンをクリックします 詳細表示

  • 材料集計でソケットは集計できますか?

    配管作図時には、配管途中に自動的にソケットは挿入されません。 作図後に「定尺割」という機能を使って、ソケットを均等配置し、材料集計を行ってください。 定尺割の方法はこちら 詳細表示

  • ロングエルボとショートエルボ

    配管作図プロパティにて「LL(ロングエルボ)」・「DL(ショートエルボ)」を選びながら作図することが可能です。 ティーズの場合は「DT」と「LT」を変更する場合も、同様の手順となります。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①「衛生配管」コマンドを起動します。 ②プロパティの「型番・部品名称」の一覧 詳細表示

  • 塗りつぶしが移動しない

    「基本作図」タブの「塗りつぶし」にて配管やダクトに塗りつぶしをしている場合、塗りつぶしと配管・ダクトは別々の状態になります。 配管やダクトには、塗りつぶしを属性として設定すると、配管・ダクトを移動した際に塗りつぶしもそれに付随して移動することができます。 ここでは、例として色を参照して設定します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順 詳細表示

  • サイズ記号のレイヤ変更について

    申し訳ございませんが、自動表示されたサイズ記号、また「サイズ記号」コマンドにて付加したサイズ記号についても、レイヤの変更はできません。 配管やダクトと同じレイヤに所属する仕様となっております。 どうしてもレイヤを変更したい場合は、サイズ記号を「一般作図化」することにより可能となります。 この場合、配管移動や、サイズ変更などの編集を行った場合に連動しません。 一般作図化については 詳細表示

228件中 81 - 90 件を表示

お問い合わせ