• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 追加機能:FILDER Cube 』 内のFAQ

34件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 工程表ツールを使いたい

    FILDER Cube V1.210から、工程表ツールをインストールし、使用することができるようになりました。 工程表とは、工事項目ごとの施工スケジュールを表にしたものです。 この工程表ツールでは、Excelのアドインおよびマクロを使用し、工程表用カレンダーの作成や、工程を簡単に作図することができます。 ※ 工程表ツールの利用には、Excel2010(32b... 詳細表示

    • No:433
    • 公開日時:2016/11/30 17:48
    • 更新日時:2018/04/17 16:32

    • Cube
  • 画像→CAD化とはなんですか?

    FILDER Cubeでは、PDF画像読込み、画像貼付け後に画像を線分に変換(CAD化)することができます。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「画像ツール」タブから[画像→CAD化]を選択します。 ②確認のダイアログが表示されますので... 詳細表示

    • No:287
    • 公開日時:2018/07/11 14:15
    • 更新日時:2018/08/22 16:31

    • Cube
  • 鋼材の作図・編集の仕方

    鋼材の作図・編集方法は添付ファイルをご参照ください。 【鋼材マニュアル】 Ⅰ.鋼材の作図  Ⅰ-1.H形鋼  Ⅰ-2.山形鋼、溝形鋼  Ⅰ-3.鋼材の配置向き Ⅱ.鋼材の編集  Ⅱ-1.鋼材の移動  Ⅱ-2.鋼材の複写  Ⅱ-3.鋼材の変形  Ⅱ-4.鋼材の追加作図 Ⅲ.立面図  Ⅲ-1.立面表示  Ⅲ-2... 詳細表示

    • No:302
    • 公開日時:2016/08/01 11:36
    • 更新日時:2017/11/07 10:51

    • Cube
  • 電気シンボルやラックへのインサート配置

    「ラック」・「レースウェイ」・「ダクト」・「バスダクト」・「照明器具」にインサートを配置することができます。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 ◆ラック、レースウェイ、ダクト、バスダクトへのインサート配置 【操作手順】 ①リボンメニューの「電気」タブの[スリーブ]... 詳細表示

    • No:297
    • 公開日時:2018/10/11 16:20
    • 更新日時:2019/05/26 15:33

    • Cube
  • JWW図面をファイル間コピーしたら線種が変わる

    FILDER Cube V1.210では、新規追加された新しい線種が26番~32番に登録されています。また、線種を新たに追加する場合も33番以降に追加することができます。 このため、26番以降に線種が登録された状態で[デフォルト登録]をした場合、JWW図面ファイルを読込みファイル間コピーをすると、JWW線種がデフォルト登録されている線種に変わってしまいます。 ... 詳細表示

    • No:685
    • 公開日時:2016/12/19 18:22
    • 更新日時:2018/04/25 15:10

    • Cube
  • パナソニック照明について

    パナソニック社の提供しているLuminous Planner Lite(照度計算アプリケーション【簡易版】)は照明設計の専門家のツールで、屋内照明、スポーツ照明、道路照明など、ほとんどの施設の照度分布計算を行うことができます。 このルミナスプランナーと連携し、画像、姿図、照度分布がFILDER Cubeに貼付けられます。 これにより、ルミナスプランナーを起動せ... 詳細表示

    • No:286
    • 公開日時:2016/07/26 13:08
    • 更新日時:2018/06/11 14:08

    • Cube
  • 線種の登録・編集

    ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 ◆線種の登録 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[環境設定]を選択します。 ②「システム設定」ダイアログが表示されますので、「線種」ダブを選択します。 ③[新規(図形登録)]ボタンをクリック... 詳細表示

    • No:432
    • 公開日時:2016/11/30 17:48
    • 更新日時:2018/04/20 16:12

    • Cube
  • 鋼材や配管架台の材料集計方法

    鋼材は、コマンドプロパティ・プロパティの「種類」・「サイズ」で長さを集計します。 鋼材の材料集計対象は「H形鋼」、「山形鋼」、「溝形鋼」です。 配管架台は、鋼材を組み合わせて作成するので、長さに換算してコマンドプロパティ・プロパティの「部品」、鋼材の「種類」、鋼材の「サイズ」で各鋼材の長さを集計します。 配管架台の材料集計対象は「門型(U形鋼)」、「門型(L形鋼)」... 詳細表示

    • No:1885
    • 公開日時:2018/04/19 10:15
    • 更新日時:2018/04/20 15:47

    • Cube
  • 配管・ダクトの保温表示

    ◆保温表示された配管・ダクトの作図 ここでは、例として衛生配管でご説明します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[衛生配管]を選択します。 ②コマンドプロパティの[ハッチング・塗りつぶし・保温設定]ボタンをクリックします。 ③「ハッチング・塗りつぶし・保温設定」ダイアログが表示されますので、... 詳細表示

    • No:291
    • 公開日時:2018/10/11 15:10
    • 更新日時:2018/11/18 13:52

    • Cube
  • コンクリート打込図について

    [コンクリート打込図]コマンドは、エンド記号が付いた配線、電気シンボルに接続された配線からコンクリート内の配線を自動判定し、コンクリート打込図を自動的に作成します。 ※ 建築図は、JWWやAutoCADなど建築躯体属性がない一般作図図面を使用してください。 ※ 電気シンボルは高さを設定して配置してください。 ※ 省略記号は手動で盤に繋げてから省略してください。 ※ イ... 詳細表示

    • No:2739
    • 公開日時:2018/10/10 00:00

    • Cube

34件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ