• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ツール 』 内のFAQ

18件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • アイソメ図の作図方法を教えてください

    アイソメ図の作図には、配管作図機能で描いた配管やダクトを元にアイソメ図を作図する方法と、アイソメ図を手動作図する方法があります。アイソメ図を手動作図する場合、バルブやフレキ類を配置することも可能です。 下記手順で操作してください。 ◆配管やダクト図からアイソメ図を作図する あらかじめFILDER Cube、FILDER Riseの配管作図機能で描いた配管やダクト図面... 詳細表示

    • No:1119
    • 公開日時:2017/04/07 16:09
    • 更新日時:2017/04/18 15:53
    • カテゴリー: アイソメ

    • RiseCube
  • アイソメの長さ表示

    サイズ記号設定にて事前に設定をします。 【操作方法】 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ①リボンメニューの「設定」タブより「記号設定」を選択します。 ②下図ように設定します。 ③[OK]ボタンを押して記号設定を閉じます。 ③リボンメニューの「ツール」より「サ... 詳細表示

  • アイソメ図に管番号をつけたい

    アイソメ図に管番号を付加するには、下記手順で操作してください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆連番で管番号を付ける場合 【操作手順】 ①リボンメニューの「ツール」タブから[管番号付加]を選択します。 ②「管番号表示」ダイアログが表示されますので、単独部品で「... 詳細表示

    • No:1120
    • 公開日時:2017/04/07 11:32
    • 更新日時:2018/02/19 18:12
    • カテゴリー: アイソメ

    • RiseCube
  • 鋼材や配管架台の材料集計方法

    鋼材は、コマンドプロパティ・プロパティの「種類」・「サイズ」で長さを集計します。 鋼材の材料集計対象は「H形鋼」、「山形鋼」、「溝形鋼」です。 配管架台は、鋼材を組み合わせて作成するので、長さに換算してコマンドプロパティ・プロパティの「部品」、鋼材の「種類」、鋼材の「サイズ」で各鋼材の長さを集計します。 配管架台の材料集計対象は「門型(U形鋼)」、「門型(L形鋼)」... 詳細表示

  • 電気シンボルの拾い出し

    Jww、dxf、dwg図面等を読み込んだ場合、電気シンボルがシンボルとしての情報がなく ただの線や丸といった一般作図の状態になっています。 そのままの状態では拾い出しができませんので、まず「電気シンボル化」を行います。 ◆電気シンボル化 拾いたい図形に電気シンボルとしての情報を持たせるために、「電気シンボル化」を行います。 「電気シンボル化」の手... 詳細表示

    • No:681
    • 公開日時:2017/05/02 14:33
    • 更新日時:2017/05/08 14:53
    • カテゴリー: 材料集計

    • RiseCube
  • アイソメ図の部品表を作成したい

    アイソメ図の部品表を作成する場合、管番号を付けておく必要があります。 管番号を付加する方法はこちらをご参照ください。 管番号の付加されたアイソメ図の部品表を作成するには下記手順で操作してください。 【操作手順】 ①リボンメニューの「ツール」タブから[アイソメ部品表]を選択します。 ②「部品表設定」ダイアログが表示されますので、指示方法を「アイソメ部品を指... 詳細表示

    • No:1121
    • 公開日時:2017/04/07 11:33
    • カテゴリー: アイソメ

    • RiseCube
  • アイソメ図の継手の大きさ

    アイソメ作図のダイアログ内「アイソメ形状サイズ」にて形状サイズと髭サイズを変更してください。 既存のアイソメ図は変更できませんので、設定変更後、再度アイソメ図作成をお願い致します。 ※接手無しにしたい場合は「髭なし」にチェックを入れます。 アイソメの作図方法についてはこちら アイソメ部品表についてはこちら アイソメの管番号についてはこちら... 詳細表示

    • No:1931
    • 公開日時:2018/05/02 21:33
    • カテゴリー: アイソメ
  • 拾いをしたいが、図面を選択しても選択不可となる。

    集計をしようとしている図面は「jww」や「dxf」形式で読込んだものではありませんか? 大変申し訳ございませんが、【材料集計】や【拾い】は、Filderで作図した配管、またはBe-Bridge形式で設備情報がある場合のみ有効となります。 詳細表示

  • アイソメ図の接続点番号、接続点表

    アイソメ図の接続点番号付加、接続点表作成は下記手順で操作してください。 ◆接続点番号を付加する 【操作手順】 ①リボンメニューの「ツール」タブから[管番号付加]を選択します。 ②「管番号表示」ダイアログが表示されますので、表示対象を「接続点」に設定します。  FILDER Rise:表示対象を「接続点単位」に設定します。 ③[OK]ボタンをクリック... 詳細表示

    • No:1122
    • 公開日時:2017/04/07 16:12
    • カテゴリー: アイソメ

    • RiseCube
  • 材料集計でソケットは集計できますか?

    配管作図時には、配管途中に自動的にソケットは挿入されません。 作図後に「定尺割」という機能を使って、ソケットを均等配置し、材料集計を行ってください。 定尺割の方法はこちら 詳細表示

18件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ