• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1116
  • 公開日時 : 2018/07/01 00:00
  • 印刷
RiseCube

継手を登録したい

継手を登録することはできますか?
カテゴリー : 

回答

配管図面に使う継手などの図形を配管部品として下記手順でユーザ登録することができます。
ユーザ登録した「配管部品」は、口径や登録した形状、接続点(接続点がない部品もあります)を持ち、材料集計を行うことができます。
また、標準の部品同様マスター登録※1し、配管上に挿入したり立面を起こしたりすることができます。
登録した配管部品は[部材配置]の中の「ユーザ配管製品」の中に登録されます。
 
※1 マスターの登録方法は、ユーザーズガイドに記載されております。下記をご参照ください。
   FILDER Cubeユーザーズガイド:「12-4-1 配管設定 2.配管マスター」
   FILDER Riseユーザーズガイド:「13-3-1 配管設定 2.配管マスター」
 
※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
 

【操作手順】

①リボンメニューの「衛生」タブの[部材配置]から[配管ユーザ登録]を選択します。
 (リボンメニューの「空調」タブの中にもあります。)
 FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」もしくは「空調配管」の[部材配置]から[配管ユーザ登録]を選択します。
 
②「配管ユーザ登録」ダイアログが表示されますので、登録する部品の種類に適合するフォルダを選択します。
 ここでは、例として「エルボ」フォルダを選択します。
 
③[OK]ボタンをクリックします。
 
④「配管ユーザ登録」ダイアログが表示されますので、登録する機器の型番・部品名称・種類等を入力します。
 ここでは、例として画像のように登録します。
 
⑤[次へ]ボタンをクリックします。
 
⑥「入口」・「出口」の口径を入力し、[登録]ボタンをクリックします。
 ここでは、例として画像のように登録します。
 
⑦[次へ]ボタンをクリックします。
 
⑧「平面」を選択し、登録する平面図を枠で囲むように選択します。
 
 
⑨右クリックで確定します。
 
⑩基点位置をクリックします。
 
同じように、⑧~⑩の手順で「正面」、「右側面」を登録します。
※「正面」を登録した場合、「背面」は自動的に反転して配置することができます。
※「右側面」を登録した場合、「左側面」は自動的に反転して配置することができます。
 
⑪すべての面を登録したら[次へ]ボタンをクリックします。
 
⑫接続点の接続方法を選択します。
 
⑬入口の接続点と出口の接続点の位置を、図上でクリックします。
 
⑭[終了]ボタンをクリックします。
 
⑮リボンメニューの「衛生」タブから[部材配置]を選択します。
 
⑯「部材配置」ダイアログが表示されますので、「ユーザ配管製品」から「エルボ」を選択すると、登録したエルボを配置することができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ