• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2194
  • 公開日時 : 2018/07/12 15:55
  • 更新日時 : 2019/07/21 16:32
  • 印刷

同一ルートで高さ違いの配管作図

平面図で、既存の配管と同一のルートを高さ違いで作図したい。

高さを変えて作図しても、既存の配管上でクリックすると下の配管と接続しようとしておかしな絵になる。

カテゴリー : 

回答

平面図上で既存の配管と同じルートで高さ違いの配管を作図する場合、右クリックのショートカットメニューを使います。

ここでは、小便器に既に汚水配管が作図されているものとして作図手順を説明致します。

 

【操作手順】

①リボンメニューの「衛生」タブから[衛生配管]を選択し、コマンドプロパティで用途や高さを設定します。

 

②給水の接続点からスタートし、配管を止めたい位置で右クリックします。

③ショートカットメニューより「図形単位」「図上点」を順にクリックします。

 元の配管に接続することなく、高さ違いの配管を作図することができます。

 

※上記画像は配管設定の「隠線」にて複線時のオフセット間隔を「0」として作図した場合の図になります。

 初期値の複線のオフセット間隔が「0.5」で作図した場合、下の配管が消えて見える場合があります。

 「隠線設定」についてはこちらをご覧ください。

 

<ワンポイント>

始点も終点も既存の配管上を指示する場合

 

始点、終点で2回右クリックメニューより「図形単位」「図上点」を指示します。

 

 

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ