• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2506
  • 公開日時 : 2019/01/31 08:51
  • 印刷
CubeRise

塩ビ製小口径マスの配管で通常のエルボを発生させたい

塩ビ製小口径マスの配管を使う際、高さを変更時や、屋内の曲り部分にもマスの接手が出てしまいます。

通常のエルボと切り替えながら作図する方法はありますか?

カテゴリー : 

回答

塩ビ製小口径マス配管の継手にはマスの継手のみ登録されています。

次の手順で他の継手を追加することができます。

 

ここでは例として「排水2:塩ビ製小口径マス(VU)」に、「排水用塩化ビニル管VU継手 90°エルボ」を

追加する方法をご案内致します。

※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
 

【操作手順】

①リボンメニューの「設定」タブより「配管設定」をクリックします。

②「配管マスター」を開き、対象の配管を選択します。

③「継手マスター」をクリックします。

④「継手種類」より編集したい継手の種類を選択します。

 ここでは「90°エルボ」とします。

⑤[追加]をクリックします。

⑥継手の一覧より対象の接手を選択します。

 ここでは「排水用塩化ビニル管VU継手 90°エルボ」を追加します。

⑦[閉じる]をクリックします。

⑧「登録部品ファイル」の最下行に追加した接手が表示されていることを確認します。

 

上記手順で他にも追加したい部材があれば、継手種類毎に繰り返します。

⑨[デフォルト登録]ボタンをクリックします。

 ※デフォルト登録をしない場合は、設定した図面でのみ有効となります。

⑩[OK]で配管マスターを閉じます。

★注意★

同じ継手ファイル(MASU-塩ビ製小口径マス)を使用している「排水1:塩ビ製小口径マス(VP)」にも同じ継手が追加されます。

 

登録した接手を使って作図

配管作図時のプロパティにて継手を変更しながら作図することができます。

継手を変更しながら作図する場合は、「前回使用した継手」が記憶されます。

<ワンポイント>

継手を登録せずに個別に変更する場合

ここでは例として「小口径マス」で作図後「VU継手」に変更します。

 

(1)コマンドキャンセル状態で通常の継手に変更したいマスの継手(エルボやティーズ)を選択します。

(2)プロパティの「配管用途」を「汚水7:VU」に変更します。

(3)ピックキャンセルします

※用途を変更すると継手の色が違う場合がありますので、色変更をしてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ