• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3252
  • 公開日時 : 2019/06/12 14:48
  • 印刷

バルブの配置方法

回答

2パターンの配置方法がございます。

既存配管に付属させる場合、◆リボンメニューの「バルブ」から配置する方法 が簡単です。

※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。

ここでは例として衛生のVA配管にバルブを配置します。

 

◆リボンメニューの「バルブ」から配置する

【操作手順】

①リボンメニューの「衛生」タブから[バルブ]を選択します。

 FILDER Rise:「衛生配管」タブから[バルブ]を選択します。

 

②配管用途が配置したいバルブと同じになっているか確認します。

 

③型番・部品名称よりバルブを選択します。

  一覧にない場合は「その他継手」を指示後、表示されたバルブから選択して配置します。

 

④配管の中心線上(単線の場合は線上)をクリックします。

※  配管のサイズや高さは自動取得します。

※ ”続”(接続点)または”中”(中点)にも配置できます。

 

 

⑤クリックした位置を中心に円を描くようにマウスを回すとバルブが回転します。

 

⑥配置したい向きに来たらクリックします。

※よく使うバルブを「型番・部品名称」の一番上に表示されるように設定することが可能です。

バルブの順番の設定方法はこちら

 

◆部材一覧から選択して配置する

【操作手順】

①リボンメニューの「衛生」タブから[部材配置]を選択します。

  FILDER Rise:「衛生配管」タブから[部材配置]を選択します。

 

②「バルブ類」のフォルダをクリックし、バルブの種類を選択します。

 

③一覧より配置したいバルブを選択します。

④[OK]をクリックします。

⑤部材配置ダイアログが開きますので、向きを選択します。

 

⑥配管の中心線上(単線の場合は線上)をクリックします。

 管の先端に付属させたい場合は”続”(接続点)を指示します。

 

<ワンポイント>

「部材配置」ダイアログの左上の「一覧」を「検索」にすると、型番や名称で検索することができます。

 表示方法を「一覧表示」にすると 型番表示、「プレビュー」にすると画像表示になります。

 

 

配置後にバルブを回転させる方法はこちら

エルボの配置方法はこちら

フランジの配置方法はこちら

 

 

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ