• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 343
  • 公開日時 : 2017/04/13 16:00
  • 更新日時 : 2018/07/11 20:48
  • 印刷
RiseCube

斜めのダクトの書き方

作図途中で2点間の高さが異なる斜めのダクトが書きたいです。
カテゴリー : 

回答

斜めのダクトを作図するには、下記手順で作図をします。
 
※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
 

【操作手順】

①リボンメニューの「ダクト」タブから「ダクト」を選択します。
 
②コマンドプロパティの作図選択で2段目の左から1番目(①の点で90度エルボを使って任意の方向に高さを変更する)を選択します。
 FILDER Rise:プロパティの作図選択で2段目の左から1番目を選択します。
 ここでは、例として高さを「2500」に設定します。
※ 作図選択の詳細に関しましては、ユーザーズガイドをご参照ください。
 FILDER Cubeユーザーズガイド:「3-2-2 配管の作図選択」、「4-2-2 ダクトの作図選択」
 FILDER Riseユーザーズガイド:「4-2-5 通気配管の作図(座標入力作図) ワンポイント:プロパティの高さ方向を意識した「作図選択」パターン」、「7-1-5 ダクトの作図選択」
 
③描き始めの1点目をクリックします。
 
④2点目をクリックします。
 
⑤プロパティの「高さ」欄に変更後高さを入力します。
 ここでは、例として高さを「2400」に設定します。
 
⑥3点目をクリックします。
 
⑦立面や3Dで確認すると、ダクトが斜めに作図されているのを確認することができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ