• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 412
  • 公開日時 : 2018/10/11 17:44
  • 更新日時 : 2018/12/15 08:53
  • 印刷
RiseCube

TRダクトを作図したい

TRダクトを作図したいのですが、どこにありますか。
カテゴリー : 

回答

弊社CADでは、用途を追加し、より幅広い作図をしていただけるよう下記3種類の用途マスターをご用意しております。
 ・TRダクト
 ・申請図用
 ・電線管
上記3種類の用途マスターを追加するには、下記手順でファイルをインポートします。
 ※ TRダクト、申請図用は3D表示の対応はしておりません。
 
「TRダクト」とは、オーケー器材株式会社が製造・販売している「公共建築工事標準仕様書」における保温化粧ケース「スカイダクトTRシリーズ」です。
オーケー器材株式会社HP ⇒ http://ok-kizai.co.jp/products/skyduct-tr/index.html
 
※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
※ FILDER Riseをご利用のお客様は、「FILDER Cube」と記載されている個所を「FILDER Rise」に読み替えてください。
  FILDER CubeとFILDER Riseで操作が異なる箇所がある場合、両方のご説明を記載致します。(この場合FILDER Riseの画像は掲載致しません)
 
◆用途マスターのインポート・エクスポート

【操作手順】

①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。
 (ダクトの場合は[ダクト設定]を選択します。)
 
②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「配管マスター」タブを選択します。
 
③[インポート]ボタンをクリックします。
 
 
「開く」ダイアログが表示されますので、インポートするマスターを選択します。
 FILDER Rise:「開く」ダイアログが表示されますので、「YOUTO」フォルダを選択し、インポートするマスターを選択します。
 TRダクトをインポートする場合は「trダクト.ytpe」を選択します。
 ※ 用途マスターファイルの場所(インストール先を変更していない場合)
   FILDER Cube:「Cドライブ」-「ProgramData」-「Daikin」-「FILDER Cube」-「YoutoMaster」
   FILDER Rise:
「Cドライブ」-「Program Files」-「Daikin」-「FILDER Rise」-「ftemp」-「YOUTO」
 
 
⑤[開く]ボタンをクリックします。
 インポートする際、同じ名称の用途があった場合は、「用途マスタの上書きの確認」ダイアログが表示されます。
 別名称でインポートする場合は、[別名で追加]ボタンをクリックします。
 
 「配管継手マスター」ダイアログが表示されます。
 「用途名称」欄の名称には用途名称の後ろに「_1」が付きますが、用途名称を変更する場合は任意の名称を入力します。
  ここでは用途名称は変更せずに[確定]ボタンをクックします。 

 

 
⑥「配管設定」ダイアログの「用途一覧」に、追加した用途が表示されます。
 
 
⑦今後、読み込んだ用途マスターを新規図面で使用する場合は、一度⑧の[OK]ボタンをクリックし、もう一度「配管設定」ダイアログを開き直します。
 読み込んだマスターが正常に読込まれていることを確認し、[デフォルト登録]ボタンをクリックします。
 
 ※ FILDER Riseをご利用のお客様で、読み込んだマスターが変わってしまった場合は下記記載しております「■FILDER Riseをご利用のお客様」をご覧ください。
 
⑧[OK]ボタンをクリックします。
 
 
<ワンポイント>
「用途マスタの上書きの確認」ダイアログ
 
「TRダクト」をインポートした際、「用途マスタの上書きの確認」ダイアログが表示される場合があります。
このダイアログが表示されましたら、[はい]ボタンをクリックし、上書きしてください。
 
 
 
◆インポートした「TRダクト」を使用する場合

【操作手順】

①リボンメニューの「空調」タブから[空調配管]を選択します。
 FILDER Rise:リボンメニューの「空調配管」タブから[空調配管]を選択します。
 
②コマンドプロパティの「主用途」欄右側の▼をクリックし、プルダウンメニューから「[空調]その他(空調)」を選択します。
 FILDER Riseの場合は「主用途」項目はありませんので、こちらの操作はありません。
 
③「配管用途」欄右側の▼をクリックし、プルダウンメニューからインポートした「TRダクト」の用途を選択し、作図することができます。
 
 
 
<ワンポイント>
標準で作図できる「TRダクト」
 
FILDER Cube V1.3を新規インストールした場合、下記8つの「TRダクト」はインポートをしなくても「空調配管」で作図することができます。
 ※FILDER Cube V1.2以前、FILDER Riseでは標準で「TRダクト」は入っていませんのでインポートしてご利用ください。
作図する場合は、コマンドプロパティの主用途は「[空調]その他(空調)」を選択し、「配管用途」欄右側▼をクリックし、プルダウンメニューから作図する「TRダクト」を選択します。
 
・TRダクト1:標準/L/高耐食性めっき鋼板
・TRダクト2:標準/H/高耐食性めっき鋼板
・TRダクト3:ステップオン/L/高耐食性めっき鋼板
・TRダクト4:ステップオン/H/高耐食性めっき鋼板
・TRダクト5:標準/L/ステンレス鋼板
・TRダクト6:標準/H/ステンレス鋼板
・TRダクト7:ステップオン/L/ステンレス鋼板
・TRダクト8:ステップオン/H/ステンレス鋼板
 ※「TRダクト1~8」を含め、さらに多くの用途で作図したい場合は、「TRダクト」をインポートしてください。
 
 
★バージョンアップをした場合
バージョンアップでは用途マスターは自動更新されません。
[用途マスター読込]ボタンから「標準配管用途マスター(CubeV13)」を読込み、更新すると「TRダクト1~8」の用途をご利用いだたけます。
用途マスターをカスタマイズしている場合は、「TRダクト」をインポートしてご利用ください。
 
 
 
■FILDER Riseをご利用のお客様
 
現在、FILDER Riseをご利用のお客様で「TRダクト」ファイルをインポートした際、「用途」、「系統」、「継手」の組み合わせが変わってしまう場合があるという報告を受けております。
 ※ 必ず起こる現象ではございません。
もし、上記のように組み合わせが変わってしまった場合は、お手数ですが、下記手順でページ下に添付されております「Rise_TRダクトマスター.YTP」ファイルの読込みをお願いいたします。
 ※ 下記手順でマスターを読込んだ場合、現在お使いの「配管マスター」が全て更新されます。
この現象が起こっていない場合は下記操作は不要です。
 

【操作手順】

①添付の「Rise_TRダクトマスター.YTP」をデスクトップなど、分かりやすい場所に保存します。
 
②リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。
 
③「配管設定」ダイアログが表示されますので、「配管マスター」タブを選択します。
 
 
④[用途マスター読込]ボタンをクリックします。
 
⑤「開く」ダイアログが表示されますので、①で保存したファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。
 
⑥「TRダクトマスター」が更新されますので、組み合わせが正常になっているかを確認します。
 
今後、読み込んだ用途マスターを新規図面で使用する場合は、一度⑧の[OK]ボタンをクリックし、もう一度「配管設定」ダイアログを開き直します。
 読み込んだマスターが正常に読込まれていることを確認し、[デフォルト登録]ボタンをクリックします。
 
⑧[OK]ボタンをクリックします。
 
 
上記操作でも改善されない場合はこちらのお問合せフォームからお問合せください。
その際、お手数ですが本文に「「Rise_TRダクトマスター.YTP」を読込んでも改善されない」旨をご記載ください。
添付ファイル : 
Rise_TRダクトマスター.YTP

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ