• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 739
  • 公開日時 : 2017/01/11 17:31
  • 更新日時 : 2018/08/16 23:49
  • 印刷
RiseCube

図形を選択しようとしたら「プロテクトされています」と表示される

図形を選択しようとしたら「編集不可:レイヤがプロテクトされています」と表示され選択することができません。
カテゴリー : 

回答

レイヤのプロテクト(ロック)は、レイヤを一時的に編集不可にしたり、表示/非表示、編集可/編集不可の変更を禁止する機能です。
※ プロテクト(ロック)がかかっていると、図形の選択が不可となります。
※ カレントに変更する場合、プロテクトを解除するかどうかの確認ダイアログが表示され、解除するとカレントにすることができます。
※ プロテクト(ロック)がかかっている場合でも[複写]・[ハッチング]・[塗りつぶし]コマンドによる操作は可能です。
 
「レイヤ詳細」ダイアログで、表示・編集欄の○×に<>(山括弧)が付いている、もしくはレイヤバーの数字に鍵マークが付いている場合、そのレイヤはプロテクト(ロック)されています。
 
●「レイヤ詳細」ダイアログの表示方法
 何もコマンドを指定していない、または図形を選択していない状態で右クリックし、ショートカットメニューから「レイヤ詳細」を選択します。
 
●「レイヤバー」の表示方法
 リボンメニューの「表示」タブの「JWタイプレイヤ制御」をクリックし、「ツールバータイプ」もしくは「プロパティタイプ」を選択します。
 
※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。
 
◆プロテクト(ロック)の解除方法
レイヤのプロテクト(ロック)解除は、「レイヤ詳細」ダイアログ、「レイヤバー」どちらからでも行えます。
 
【編集のみの場合】
レイヤ詳細ダイアログの場合は対象のレイヤの「表示」・「編集」欄の上、レイヤバーの場合は対象のレイヤ番号の上でキーボードの「Ctrl」キーを押しながら右クリックをします。
 
 
【表示・編集両方の場合】
レイヤ詳細ダイアログの場合は対象のレイヤの「表示」・「編集」欄の上、レイヤバーの場合は対象のレイヤ番号の上でキーボードの「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら右クリックをします。
 
 
上記操作でプロテクト(ロック)をかけることもできます。
また、マウスの中ボタンをクリックしてプロテクト(ロック)をかけたり解除したり、切替えをすることができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ