• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 選択 」 でキーワード検索した結果

同義語:
  • 洗濯
  • ご選択
  • ピック
  • 御選択
  • ぴっく
...等でも検索しました

746件中 731 - 740 件を表示

74 / 75ページ
  • 機器表を作成する

    。 ⑥[終了]ボタンをクリックします。 ⑦リボンメニューの「設計ツール」タブから「機器表自動作成」を選択します。 ⑧表を配置する左上基点をクリックします。 機器表が貼付けられます。 「Excelの機能呼び出しに失敗しました」とエラーが出た場合はこちらをご覧ください。 <ワンポイント> 機器表のテンプレートを変更することが出来ます 詳細表示

  • FILDER Cubeユーザーズガイド

    2-16-3 交点 2-16-4 端点 2-16-5 中点 2-16-6 中心点 2-16-7 節点 2-16-8 接線 2-16-9 垂線 2-16-10 45度線 2-16-11 絶対 2-16-12 仮想交点 2-16-13 2点間中点 2-17 選択 2-17-1 選択種類 詳細表示

    • No:803
    • 公開日時:2017/02/09 16:59
    • 更新日時:2017/06/28 16:35
    • カテゴリー: マニュアル関連

    • Cube
  • 数値入力での作図(Cube)

    の「設定」タブから[環境設定]を選択します。 ②「システム設定」ダイアログが表示されます。 ③「座標指示」タブを選択します。 ④「座標入力」から座標入力方法を選択します。 ⑤[OK]ボタンをクリックします。 ◆座標入力の考え方 1、プラス・マイナスの数値で指定する(従来通り 詳細表示

    • No:1159
    • 公開日時:2018/07/11 15:42
    • 更新日時:2018/07/26 15:07
    • カテゴリー: 作図(基本作図)

    • Cube
  • 表の編集方法

    挿入][列挿入][行移動][列移動] [行複写(挿入)][列複写(挿入)][行削除][列削除]のいずれかを選択します。 ※[行移動][列移動][行複写(挿入)][列複写(挿入)]はFilder CeeD、Filder Cube V1.6以降の機能となります。 <行挿入> 挿入したい行の境界線をクリックすると、1行追加されます。 <列挿入 詳細表示

  • カレントレイヤの変更方法

    詳細ダイアログで変更する レイヤツールバーの右側にある[詳細]ボタンをクリックします。(Filder CubeV1.6より) Filder Riseの場合:レイヤツールバー右側の[設定]ボタンをクリックします。 または、コマンドキャンセル場外で画面上の何も無い場所で右クリックし、ショートカットメニューより「レイヤ制御」を選択します。 太文字で表示されて 詳細表示

  • ロール紙で印刷したい

    としてA2図面を2つ並べてロール紙で印刷すると仮定し、「縦:420」「横:1188」とします。 設定後[OK]ボタンで設定画面を閉じます。 ②印刷コマンドを起動し、プロパティの「用紙サイズ」より「その他」を選択します。 印刷範囲を示す仮表示の枠が、設定した通りのサイズで表示されていれば長尺印刷が可能です。 <注意 詳細表示

  • 立管の作図方法

    管位置をクリックします。(機器側を始点とします) ③メイン管をクリックします。 ※①で入力した高さよりもメイン管の方が低いことが条件です。 上記手順にて、枝管と同時に高さ0からメイン管の高さまでの立管が作図されます。 ◇立管(シャフト)のみを作図したい場合 【操作手順】 ①配管コマンドを起動し、作図選択は上段の左端である 詳細表示

    • No:3120
    • 公開日時:2019/01/29 09:24
    • 更新日時:2019/07/21 16:19
    • カテゴリー: 作図(配管作図)

    • CubeRise
  • グループレイヤを分ける方法

    コマンドキャンセル状態で右クリックし、ショートカットメニューより「レイヤ制御」を選択します。 ②「グループレイヤ」タブをクリックします。 ③[新規作成]ボタンをクリックします。 またはグループレイヤ名称の最下行の下(空欄)をダブルクリックします。 ④任意のグループ名称を入力します。 ⑤作成したグループレイヤをカレントグループにするため 詳細表示

  • 補助線の作図でエラー

    すでに「補助線」というレイヤが作成されている為です。 グループレイヤを変更することで異スケールの補助線を作成することが可能です。 グループレイヤの新規作成方法はこちら 補助線は自動振り分けせず、常にカレントレイヤに作成したい方は以下の変更をお願いします。 【操作方法】 ①画面上何もないところで右クリックし、ショートカットメニューより「レイヤ制御」を選択します 詳細表示

  • 配管や部材の一覧

    Windows10 ◆ポータルサイト 2. 用途マスター 3. 配線マスター リボンメニューの「ホーム」タブから[ポータル]を選択します。 ポータルサイトが表示されますので、「導入マニュアル・操作ガイド」をクリックし、下にスクロール 詳細表示

746件中 731 - 740 件を表示

お問い合わせ