• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 選択 」 でキーワード検索した結果

同義語:
  • 洗濯
  • ご選択
  • ピック
  • 御選択
  • ぴっく
...等でも検索しました

747件中 701 - 710 件を表示

71 / 75ページ
  • レイヤの表示状態・編集状態を切り替えたい

    ツールバーの[詳細]ボタンをクリックします。 (またはコマンドキャンセル状態、図形未選択状態で画面上で右クリックし、ショートカットメニューの「レイヤ制御」を選択します。) ②「レイヤ詳細」ダイアログが表示されます。 表示状態、編集状態を切替えたいレイヤの「表示」・「編集」欄の「○」「×」を設定します。 ※「○」は表示・編集可、「×」は非表示・編集不可となります 詳細表示

  • レイアウト、シートとは?

    」ダイアログが表示されますので、スケールや印刷マージンなどの設定ができます。 ◆シートについて ・シートは作業空間、レイアウトそれぞれに作成することができます。 ・シートタブの切替えでシートをまるでレイヤのように扱うことができます。 ・非表示や編集不可のシートも、対象のシートを選択するだけで表示され、編集も可能になります。 ・別のシートに作図された図形に 詳細表示

  • クリップで隠線した配管やダクトを移動(複写)すると隠線が解除されてしまう

    移動や複写などの編集時に「自動隠線」する設定となっているため、クリップした隠線が復活します。 下記の設定を行うと、移動や複写時に現在の隠線を維持することができます。 ここでは例として「配管設定」の変更を行いますが、「ダクト設定」でも同じ設定が可能です。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「配管設定」を選択します。 ②「隠線」タブをクリックします 詳細表示

  • 冷媒管記号の順番

    配管作図後に番号を再度Aから振り直すことが可能です。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「記号設定」を選択します。 ②「配管サイズ記号」タブの[冷媒配管設定]ボタンをクリックします。 ③冷媒配管設定ダイアログの「冷媒管サイズ設定」ボタンをクリックします。 ④冷媒管サイズ設定ダイアログの[付与]ボタンをクリックします。 ⑤[OK]ボタンを 詳細表示

  • 補助線の割り込み

    作図途中で「ここに補助線があったほうが良かった」ということがありませんか? 作図中のコマンドを終了せずに補助線の作図を行うことが可能になりました。 【操作手順】 ①配管やダクトの作図時、リボンメニューの「補助平行線」は「(割込)補助平行線」となっていますので、使用したい補助線を選択します。 (割込)と付いているコマンドが途中割り込み可能なコマンドです 詳細表示

  • 単線系統記号の自動表示 (FILDER CubeV1.6~)

    系統記号を自動表示させる場合は、「記号設定」より変更可能です。 ※FILDER CubeV1.6より系統記号設定が変更となっております。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[記号設定]を選択します。 ②「記号設定」ダイアログが表示されますので「系統記号」タブに切り替えます。 ③「系統記号自動表示」にチェックを入れ 詳細表示

  • 通気の立ち上げ継手

    配管作図時、コマンドプロパティの「型番・部品名称」にて「LT」で作図するか「DT」で作図するか選択できます。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆直前の汚水配管を「LT」で作図していた場合 通気配管の立ち上げ時に発生するティーズも「LT」となります。 ◆直前の汚水配管 詳細表示

  • 図面の角度を一時的に回転したい(軸角)

    図面そのものの角度を変更せず、作図時のみ一時的に角度を変更したい場合は「軸角」コマンドを使います。 ※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「表示」タブより「軸角」を選択します。 ②コマンドプロパティの「揃える角度」を「0」に設定します。 ③基準となる線 詳細表示

  • 新規図面の保存場所

    」-「ftemp」 保存先の初期設定を変更する場合 ①リボンメニューの「設定」タブより「環境設定」を選択します。 ②「定期保存」タブを開きます。 ③「デフォルトディレクトリ」の保存先を変更します。 ④[OK]ボタンをクリックします。 例えば「デスクトップにFilder Cubeというフォルダを作成して保存する」場合は、次のような入力となります 詳細表示

  • 冷媒口径の自動計算

    。 ②リボンメニューの「表示タブ」の「サイジング制御」にチェックを入れます。 (Filder Riseの場合は「設定」タブの中にあります) ③コマンドキャンセルの状態で作図した冷媒配管の一部を右クリックします。 ④ショートカットメニューより「流れ付加」を選択します。 ⑤最下流の配管をクリックします。 口径が自動計算されました 詳細表示

747件中 701 - 710 件を表示

お問い合わせ