• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 選択 」 でキーワード検索した結果

同義語:
  • 洗濯
  • ご選択
  • ピック
  • 御選択
  • ぴっく
...等でも検索しました

744件中 81 - 90 件を表示

9 / 75ページ
  • シートのスケール変更時の文字サイズ

    で右クリックし、ショートカットメニューから「シート属性編集」を選択します。 ②「シート属性編集」ダイアログが表示されますので、「スケール変更した場合でも文字サイズを一定にする」のチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックすると、スケールを変更した際に文字の大きさが変更されません。 詳細表示

  • 消火栓(スプリンクラー)の配置はできますか?

    部材配置より消火栓の一括配置が可能です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブの[部材配置]から[消火栓一括配置]を選択します。 ②「消火器具一括配置」ダイヤログが表示されますので、配置方法等を決定します。 ③[OK 詳細表示

  • 通り芯の続きを作成したい

    メニューから「継続通り芯」を選択します。 ③通り芯作成ダイヤログにて詳細を設定し、通り芯を配置します。 ※半角数字と半角英数の2文字の組み合わせで作図されたバルーンの数字は続きの番号になります。 (最大9まで。それ以上は手入力) ※全角文字や、2文字以上の場合、自動で連番にはなりませんので、配置時に手入力します。 詳細表示

  • 用紙枠の交点を取りたい

    通常用紙枠の交点が取れる位置は左下のCAD基準線と重なる位置だけです。 用紙枠の範囲に補助線を作図することで、複写時の基点が取りやすくなります。 【操作手順】 ①コマンドキャンセル状態で右クリックし、ショートカットメニューより「用紙枠表示制御」を選択します。 ②「補助線を作成する」にチェックを入れます。 ③[OK]ボタンをクリックします。 上記 詳細表示

  • 斜線(斜めの線)に対して、文字を平行に作図したい

    斜めの線に対して、文字を平行に作図する場合、平行に配置する線分を指示します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「基本作図」タブから[文字]を選択します。 (リボンメニューの「衛生」・「空調」・「ダクト」・「電気」・「傍記」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティより、平行を「ON」にします。 ③文字を平行に配置 詳細表示

  • シート毎に表示色や線幅を設定する方法

    が有効になります。 ②ショートカットメニューより「シート属性編集」をクリックします。 ③「表示(個別)」タブに切り替えます。 ④「選択シートの表示を以下の設定にする」にチェックを入れます。 ⑤色や線幅の設定を行います。 ⑥[OK]ボタンで閉じます。 詳細表示

  • 部屋の中心に補助線を作図したい

    部屋の中心に補助線を作図する場合、下記手順で「中心線」コマンドを使用し作図します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作方法】 ①リボンメニューの「基本作図」タブから「中心線」を選択します。 ②コマンドプロパティで、補助線として作図する場合は「補助線」を「On」にします 詳細表示

  • 表のマージンを変更

    ①リボンメニューの「基本作図」より[セル属性変更]を選択します。 ②表の中のセルを一つクリックします。 ③「表」のダイアログにて変更するマージンの値を入力します。 ④[OK]をクリックすると、ダイアログが閉じて表のマージンが変更されます。 ◆表を配置するときにマージンを 詳細表示

  • 文字に罫線を付けたい

    文字装飾設定にて行毎に罫線を挿入することが可能です。 【操作方法】 ①文字コマンドにて文字列を入力していきます。改行ボタンで改行することができます。 ②コマンドプロパティの「文字装飾」より囲い枠を選択します。 ③コマンドプロパティの「文字装飾設定」の「罫線」を「あり」に変更します。 ④文字列単位で罫線が挿入され、簡易的な表が 詳細表示

  • 画面の色と違う色で印刷したい

    画面色とは違う色でカラー印刷する場合は、次のように変更します。 【操作方法】 ①リボンメニューの「設定」タブから[環境設定]を選択します。 ②「システム設定」ダイアログが表示されますので、「印刷色・線幅」タブをクリックします。 ③「画面色で印刷」のチェックを外します。 ④印刷色を好みの色に変更します。 ⑤[OK 詳細表示

744件中 81 - 90 件を表示

お問い合わせ