• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

247件中 151 - 160 件を表示

16 / 25ページ
  • 溶接継ぎ手を100Aまではねじ込みにしたい

    下記手順で継手の口径範囲を変更してください。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。 ②「配管マスター」タブを選択し、「用途マスター」タブで消火を選択します。 ③「系統マスター」タブを選択し、開きます。 ④「継手の設定」の一番下の欄内にある「FSGP-鋼製突合せ溶接式継手(消火 詳細表示

    • No:358
    • 公開日時:2018/07/04 14:09
    • 更新日時:2018/09/09 11:03
    • カテゴリー: 設備設定

    • RiseCube
  • ティーズからエルボに変更する方法

    配管設定」にて設定を変更する方法と、設定はそのままで、個別に編集する方法がございます。 ◇配管設定を変更する方法 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「配管設定」を選択します。 ②「削除・配置時の部材変更条件設定」の「継手部品を変更する」にチェックを入れます。 ③[OK]ボタンをクリックします。 上記設定後、ティーズの先の 詳細表示

  • 機器の接続点を無視したい

    接続点の「高さ」と「作図方向」は無視して配管作図時のプロパティを優先して良い場合は以下の設定を行います。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「配管設定」を選択します。 ②「基本」タブの「接続パターンの高さ補正」にある「機器の高さを無視して接続する 詳細表示

  • 連続寸法線の書き方(Rise)

    寸法線の連続で作図する際の作図方法がFILDER Cubeと異なります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「傍記」タブから[寸法線]を選択します。 (リボンメニューの「ホーム」・「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティの「連続」を「On」にします。 ③寸法 詳細表示

    • No:1196
    • 公開日時:2017/06/15 10:27
    • 更新日時:2018/07/26 13:48
    • カテゴリー: 作図(傍記)

    • Rise
  • 描いた線を切断するには?

    既に作図されている図形を切断するには、下記の手順で操作をします。 【操作手順】 ①切断する図形を右クリックし、ショートカットメニューから「図形分割」を選択します。 ②切断したい位置でクリックします。 クリックした位置で図形が切断されます。 配管やダクトのような設備図形の場合は「図形分割」の対象外となり 詳細表示

    • No:230
    • 公開日時:2016/07/14 13:45
    • 更新日時:2020/07/12 21:12
    • カテゴリー: 編集(基本作図)

    • CeeDCube
  • 属性取得のコマンドはありますか?

    場合、両方のご説明を記載しております。(この場合FILDER Riseの画像は掲載致しません) ◆属性取得コマンド コマンド実行中に、指示した図形のレイヤ、線種、線色、線幅の属性を取得する場合はこちらを使います。 ※編集不可の図形からは取得できません。 【操作手順】 ①線や配管等のコマンドを起動します。 ②リボンメニューの「基本作図 詳細表示

  • 冷媒管サイズを記号ではなく数値で表示したい

    記号設定にて変更が可能です。 既に記号(A,Bの表記)で表示されている場合も下記設定にて変更することが可能です。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「記号設定」を選択します。 ②「配管サイズ記号」タブの[冷媒配管設定]ボタンをクリックします。 ③「冷媒配管設定」ダイアログの[冷媒管サイズ設定]のボタンをクリックします 詳細表示

  • ドレンの単線作図で流れのあるティーズの形状にしたい

    ドレン配管の種類とサイズによって流れが分かるティーズを表示させることが可能です。 可能な配管とサイズは以下の通りです。 ■ドレン3:硬質塩ビ管 口径30以上 ■ドレン4:ドレネジ 口径32以上 ■ドレン5:耐火二層管 口径40以上 【操作手順】 ここでは「ドレン3:硬質塩ビ管」を例にご説明致します。 ①ドレンのメイン配管を作図し 詳細表示

  • 立面追加画面で作図した図形が平面図に反映されない

    立面追加画面で既存の配管や機器に接続しない状態で作図していませんか? 立面追加画面では、平面図で配置した機器や配管などに『接続』する状態でのみ作図が可能です。 接続させない状態で直接立面画面で作図すると、Y座標の位置が指示できていない為、基準線位置(Y座標0の位置)に表示されてしまいます。 立面追加画面では、既存の機器や配管等に接続する状態で作図するか、既存の図形を移動 詳細表示

  • 単線の立管に丸が表示されない

    単線で立管を作図した際、丸を表示させる設定をします。 冷媒管やポリエチレン管など、自由な曲がりのある配管で表示されない場合は「冷媒管の立管の丸表示が表示されない」を、ご参照ください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します 詳細表示

247件中 151 - 160 件を表示

お問い合わせ