• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

247件中 211 - 220 件を表示

22 / 25ページ
  • 用紙枠をCADの基準線に合わせるには

    「作業空間属性編集」を選択します。 ②「作業空間属性編集」ダイアログが表示されますので、「印刷マージン」の上下左右欄を「0」に設定します。 ③[OK]ボタンをクリックします。 ◆「高さ基準」の設定 【操作説明】 ①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。 ②「配管設定 詳細表示

  • 電気シンボルがシンボルの途中で隠線処理される

    。 (リボンメニューの「衛生」「空調」「ダクト」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「電気」タブから、[隠線処理]を選択します。 (リボンメニューの「衛生配管」「空調配管」「ダクト」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティの「モード」を「復活」に設定します。 FILDER Rise:プロパティの「モード」を「復活 詳細表示

  • 画像と図形を一緒に回転したい

    「衛生」「空調」「ダクト」「電気」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」「空調配管」「ダクト」「電気」タブの中にもあります。 ②回転させたい画像と、一般図形を選択します。 (下記では例として、画像と文字を一緒に回転させます。) ③右クリックで確定します。 ④基点を指示します 詳細表示

  • 斜めのダクトの書き方

    )を選択します。 FILDER Rise:プロパティの作図選択で2段目の左から1番目を選択します。 ここでは、例として高さを「2500」に設定します。 ※ 作図選択の詳細に関しましては、ユーザーズガイドをご参照ください。 FILDER Cubeユーザーズガイド:「3-2-2 配管の作図選択」、「4-2-2 ダクトの作図選択」 FILDER Rise 詳細表示

  • 文字修飾の幅を変えたい

    」・「ダクト」・「電気」・「傍記」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「ホーム」・「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティの文字修飾から「アンダーライン」、「ボックス」、「2重ボックス」のどれかを選択します。 FILDER Rise:プロパティの文字修飾から「アンダーライン」、「ボックス」、「2重 詳細表示

  • 機器選択のダイアログが表示されない

    選択します。 (リボンメニューの「ダクト」タブ、「空調」タブの[機器ライブラリ]の中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」、「空調配管」、「ダクト」タブから[機器]を選択します。 ②「機器配置」の設定ダイアログが表示されますので、[検索]ボタンをクリックします。 ③「機器配置」の機器選択ダイアログが表示されます 詳細表示

  • 旧製品で登録した機器や部材をFILDERCeeDで使いたい

    配管部材データをご利用頂けます。 FILDERCeeDで登録した機器データを他のパソコンで使いたい場合はこちら 詳細表示

  • 文字を常に明朝体で書きたい

    。 ※デフォルト登録すると、設定した図面および、今後作成する新規図面に設定が適用されます。 ⑦[OK]ボタンをクリックして設定を終了します。 <ワンポイント> 一般作図文字以外の文字設定 ■寸法線文字 寸法線の文字設定です。 ■記号文字 配管サイズ記号、ダクトサイズ記号、スリーブサイズ記号、立管寸法、系統記号の文字設定です 詳細表示

  • 補助線の割り込み

    作図途中で「ここに補助線があったほうが良かった」ということがありませんか? 作図中のコマンドを終了せずに補助線の作図を行うことが可能になりました。 【操作手順】 ①配管やダクトの作図時、リボンメニューの「補助平行線」は「(割込)補助平行線」となっていますので、使用したい補助線を選択します。 (割込)と付いているコマンドが途中割り込み可能なコマンドです 詳細表示

  • サイズ記号を印刷しない設定にしたい

    「記号設定」にて画面上には表示しても、印刷はされない設定に変更することができます。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「記号設定」を選択します。 ②「配管サイズ記号」「ダクトサイズ記号」「スリーブサイズ記号」より設定を変更したいタブを選択します。 ③「仮表示で作成」にチェックを入れます。 ④今後もこの設定を新規図面で有効にする 詳細表示

247件中 211 - 220 件を表示

お問い合わせ