• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

250件中 1 - 10 件を表示

1 / 25ページ
  • アンインストール方法 【FILDER CeeD】

    下記の手順で操作してください。 ※FILDER CeeDを再インストールされる方で、機器ユーザ登録や配管ユーザ登録を行っている場合は、先にユーザ機器のエクスポートを行ってください。 【操作手順】 FILDER CeeDは終了しておきます。 ①Windows のスタートボタン を右クリックし、「アプリと機能」を選択します 詳細表示

  • 隠線処理をしたい 【基本編】

    線処理したい範囲を範囲選択します。 ④右クリックで確定します。 隠線処理が実施されました。 配管の高さを変更せずに上下の隠線処理を行う方法は以下の通りです。 ※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。 【操作方法】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[隠線処理]を選択 詳細表示

    • No:4302
    • 公開日時:2021/04/19 09:37
    • 更新日時:2021/12/02 11:10
    • カテゴリー: 設備編集(配管作図)
    • ウィザードFAQ

    • CeeDCube
  • 隠線処理をしたい 【応用編】

    。 ④右クリックで確定します。 ※1点目と終点で同じ位置をクリックすると「線分が交わることはできません」と表示されます。 ⑤隠線したい配管やダクトをクリックします。 「この閉図形でよろしいですか?」と表示された場合は[はい]を選択した後で、隠線する部品をクリックします。 ⑥右クリック確定します。 ⑦隠線処理されました 詳細表示

  • 新しい配管を作成したい

    既存の配管と同じ情報で違う配管を作成する方法は以下の通りです。 給湯還り管などを作成したい場合も以下の方法をご利用ください。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブより「配管設定」を選択します。 ②「配管マスター」タブをクリックします。 ③複製に利用したいマスターを選択します。 ここでは例として「給水5:HIVP」の配管マスターを複製し、「既設給水配管 詳細表示

  • 等間隔で複数の配管を作図する方法

    基本となる配管を作図した後、「平行線」コマンドを使って同一ルートを簡単に複製することができます。 ここでは例として冷媒配管の複製を行います。 【操作方法】 ①「空調配管」コマンドにて基本ルートを作図します。 ②「平行線」コマンドを選択します。 (「平行線」コマンドは「基本作図」・「衛生」・「空調」などにあります) ③コマンドプロパティの「モード」を 詳細表示

  • 配管・ダクトを塗りつぶししながら作図する方法

    配管またはダクト作図プロパティにて作図時に設定することができます。 【操作手順】 ①配管またはダクト作図コマンドプロパティの「ハッチング・塗りつぶし・保温設定」ボタンをクリックします。 ②「塗りつぶし」にチェックを入れます。 ※ハッチングをかけたい場合は「ハッチング」にチェックを入れます。 ③色設定ボタンより塗りつぶしたい色を選択し、[OK]ボタンをクリックします 詳細表示

  • 配管の高さ変更

    配管の高さを変更する場合、既に枝管や立管が存在する場合に選択する部材に注意しましょう。 【操作手順】 ◆配管ルートの一部を高さ変更したい ①コマンドキャンセルの状態で高さ変更したい配管を選択します。 ②ミニツールバーまたはプロパティの「高さ」欄に変更したい高さを入力、エンターキーを押します。 ここでは例として枝配管をー300の高さへ変更します 詳細表示

  • 配管を系統で選択したい

    下記の方法で接続された配管系統を簡単に選択することができます。 ダクトも同じ操作で選択可能です。 ※接続されている配管・ダクトが対象となります。接続の確認にもご利用頂けます。 ●コマンドキャンセルの状態で配管をクリックします。 ●同じ配管を2回クリックすると系統が選択されます。 ●同じ配管を3回クリックすると全系統が選択でき 詳細表示

  • 配管の中心線色、単線配管の髭色、ダクトのフランジ色の設定

    単線配管の髭色(継手色)やダクトのフランジ色などは、メイン部分の色と別の設定を持っています。 リボンメニュー下にある「図形スタイルツールバー」の[図形スタイル▼]から[中心線][髭][フランジ][小桁]を選択して色を変更してください。 ※[図形スタイル]下のメニューは使用するコマンドによって異なります。 【配管の場合】 ※単線の配管作図時に配管色を変更する 詳細表示

  • 配置済み配管部品の回転

    配管部品回転」コマンドを使用します。 【操作手順】 ①コマンドキャンセルの状態で回転する部材を選択し、右クリックメニューより[配管部品回転]を選択します。 ②回転する部品の接続点を指示します。 ③画面左上に「配管回転移動」ダイアログが開きますので[回転]ボタンを押すと部品が回転します。 回転角度は45度単位となります。 ④回転したい 詳細表示

250件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ