• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ツール 』 内のFAQ

35件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • アイソメの長さ表示

    下記手順で[記号設定]にて事前に設定をします。 ここでは、例として配管サイズ記号の設定でご説明します。 【操作方法】 ①リボンメニューの「設定」タブから[記号設定]を選択します。 ②「記号設定」ダイアログが表示されますので、「配管サイズ記号」タブを選択します。 ③表示順で1番を「高さ」にし、他は「なし」に設定します。 ④高さ... 詳細表示

  • ダクトの面積

    拾いコマンドでは、m単位での集計となります。 ダクトを㎡(平米)で集計する場合は、[材料集計]コマンドをお使いください。 材料集計の方法についてはこちらをご覧ください。 詳細表示

  • 冷媒の拾い

    拾いを実行する前に、拾い設定を行います。 【操作手順】 ①リボンメニューの「見積連動」タブから[拾い設定]を選択します。 ②「拾い設定」ダイアログが表示されますので、「配管拾い」より、冷媒の集計方法を選択します。 ③[OK]をクリックします。 上記設定後、「拾い」を実行してください。 詳細表示

  • 立面図と平面図を連動させたい

    立面貼付けコマンドは平面図とは連動しません。 平面図を変更した場合は再度貼付けを行ってください。 立面を連動させた状態で平面図横に配置したい場合は「ビューポート作成(立面)」を使用します。 ビューポートとは、作業空間に向かって開けられた窓のようなものです。 ◆ビューポート(立面)を作成する方法 例として作業空間にビューポートを作成します。 ... 詳細表示

  • 鋼材や配管架台の材料集計方法

    鋼材は、コマンドプロパティ・プロパティの「種類」・「サイズ」で長さを集計します。 鋼材の材料集計対象は「H形鋼」、「山形鋼」、「溝形鋼」です。 配管架台は、鋼材を組み合わせて作成するので、長さに換算してコマンドプロパティ・プロパティの「部品」、鋼材の「種類」、鋼材の「サイズ」で各鋼材の長さを集計します。 配管架台の材料集計対象は「門型(U形鋼)」、「門型(L形鋼)」... 詳細表示

  • 機器表を作成する

    機器表を作成するには機器又は機器ライブラリのコマンドから配置して描いた図面を元に機器表を作成する方法と、 図面を使用せずに機器表のみを作成する方法があります。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆図面から機器表を作成する あらかじめFILDER CubeまたはFilder Riseの「機器... 詳細表示

  • 詳細図の作成方法

    詳細図機能を使って簡単に拡大した図形(スケールを変えた図形)を貼り付けることができます。 ※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「ツール」タブより[詳細図]を選択します。 ②詳細図のダイヤログにてどのように拡大するのかを設定します。  ここでは例として... 詳細表示

  • Excelインポート設定について

    Excelインポート設定について、下記を参考にしてください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ①リボンメニューの「ツール」タブの[Excelインポート]から[Excelインポート設定]を選択します。 ②「Excelインポート設定」ダイアログが表示されます。 ... 詳細表示

  • 計測すると実際の距離と異なる

    ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆図面内のスケールがすべて同じ場合 [スケール合わせ]をすることで正しい計測結果が出ます。 操作手順はこちら ◆図面内のスケールが混在している場合 計測している図形のレイヤと、カレントレイヤのスケールが異なる レイヤ詳細画面にて、計測したい... 詳細表示

  • 図面をExcelに貼り付けたい

    直接Excel形式に変換はできませんが、画像としては貼り付ける事ができます。 【操作方法】 ①リボンメニューの「ツール」タブより「クリップボードコピー」を選択します。 ②画像として貼り付けたい範囲を2点指示します。 ※編集不可(表示のみ)のレイヤやシートは選択対象外となります。 ③右クリックかエンターで確定します。 ... 詳細表示

35件中 11 - 20 件を表示

お問い合わせ