• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 建築躯体作図 』 内のFAQ

36件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • 天伏図・割付図の作図

    [天伏せ・タイル]または[ハッチング]を使って作図することができます。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 ※ FILDER Riseをご利用のお客様は、「FILDER Cube」と記載され... 詳細表示

  • 柱の配置方法

    「コンクリート角柱」コマンドを使用して柱を配置します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ◆柱の中心を基準に配置する ①リボンメニューの「建築躯体」タブから[コンクリート角柱]を選択します。 ②プロパティで柱の幅・角度・高さを設定します。  ここでは例として下... 詳細表示

  • 2線の書き方

    「W線」をご利用頂けます。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作方法】 ①リボンメニューの「基本作図」から[W線]を選択します。 ②コマンドプロパティで線の間隔を入力します。 ③基準となる線分をクリックします。 ④始点と終点をクリ... 詳細表示

  • ○や□で文字を囲みたい

    「バルーン」コマンドを使用すれば〇や□で囲んだ文字が簡単に作成できます。 記号を作成する時などに便利です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「傍記」タブの[ラベル▼]から[バルーン]を選択します。 (「基本作図」「衛生」「空調」「ダクト」「電気」タブの[文字▼]... 詳細表示

  • 通り芯の作図方法(通過点指示)

    次の方法で既存の図面の通り芯の位置に簡単にFilder Cubeの「通り芯」を作図することが出来ます。 Filder Cubeで「通り芯」を作図すると常に通り芯番号(バルーン)を表示させることが出来ます。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ FILDER Riseをご利用のお客様は、「FILDER Cub... 詳細表示

  • 一般作図の躯体に扉が配置できない

    一般作図図形に扉を配置するには、一般作図図形で扉のような形の図形を作図していただくか、もしくは図形に壁の属性を持たせ、[開口部]コマンドで配置します。 ここでは、下記手順で図形に壁の属性を持たせ、[開口部]コマンドで配置する手順をご案内します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ リボンメニュ... 詳細表示

    • No:250
    • 公開日時:2018/10/10 00:00
    • 更新日時:2019/05/13 14:29
    • カテゴリー: 躯体化

    • RiseCube
  • 斜めの梁を作図したい

    斜め梁は下記手順で作図します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「建築躯体」タブから[斜梁、重ね梁]を選択します。 FILDER Rise:リボンメニューの「建築躯体」タブの[連続コンクリート梁]から[補助梁(斜梁、重ね梁)]を選択します。 ②コマンドプロパティで各項目を設定します。「高さ設定」で「高さ(始点)」、「高さ(終点)」の数値を設定... 詳細表示

  • 斜めの線を伸縮

    斜めの線をそのままの角度で伸縮するには[伸縮]コマンドを使用します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「基本作図」タブから[伸縮]を選択します。 ... 詳細表示

  • 既存の線を通り芯の情報にしたい

    次の操作で線分を通り芯化することができます。 通り芯化すると、図面拡大時にでも通り芯番号を常に見えるように設定することが可能になります。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※FILDER CubeとFILDER Riseで操作が異なる箇所がある場合、両方のご説明を記載しております。(この場合FILDER R... 詳細表示

  • 「開口部が壁に収まらないため・・」エラーで扉が配置できない

    扉を配置する際に「開口部が壁に収まらないため作成できません」とエラーメッセージが出た場合、配置したい扉の幅が壁の長さの中に収まっていないと認識されています。 扉の配置箇所を、壁の長さぎりぎりに収めていただくには扉の配置基点を詳細に決めていただく必要があります。 ここでは、例として1mの壁に900mmの扉(片開き)を右側いっぱいに配置します。 ※ ... 詳細表示

36件中 11 - 20 件を表示

お問い合わせ