• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 作図(ダクト作図) 』 内のFAQ

81件中 1 - 10 件を表示

1 / 9ページ
  • ダクトの吹き出し記号

    [吹出・吸込方向矢線記号]コマンドから配置することができます。 ※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。 【操作方法】 ①リボンメニューの「ダクト」タブの[立管寸法▼]から[吹出・吸込方向矢線記号]を選択します。 ②「吹出・吸込方向矢線記号」ダイアログが表示されますので、矢印本数、矢線長、オフ... 詳細表示

    • No:2019
    • 公開日時:2020/07/08 10:05
    • 更新日時:2020/11/24 10:49

  • 鋼材の作図・編集の仕方

    鋼材の作図・編集方法は添付ファイルをご参照ください。 【鋼材マニュアル】 Ⅰ.鋼材の作図  Ⅰ-1.H形鋼  Ⅰ-2.山形鋼、溝形鋼  Ⅰ-3.鋼材の配置向き Ⅱ.鋼材の編集  Ⅱ-1.鋼材の移動  Ⅱ-2.鋼材の複写  Ⅱ-3.鋼材の変形  Ⅱ-4.鋼材の追加作図 Ⅲ.立面図  Ⅲ-1.立面表示  Ⅲ-2... 詳細表示

    • No:302
    • 公開日時:2016/08/01 11:36
    • 更新日時:2020/03/03 13:49

    • Cube
  • 角ダクトのエルボをR指定(半径指定)で作図したい

    ダクトのコマンドプロパティにて半径(内側、中心、外側)を指定して作図することが可能です。 ※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。 【操作方法】 ①ダクト作図コマンドプロパティの「径形式(位置合わせ)」より「半径(内側)」(または中心、外側)を選択します。 ②「曲率」に半径の数値を入力... 詳細表示

    • No:1638
    • 公開日時:2020/07/31 10:52
  • エルボ返し

    連続配管作図では、平面で90度、45度方向に作図した場合、また高さ変更してエルボが発生する場合、 エルボとエルボの間に必ず管が発生します。 エルボ返しを作図する場合、連続配管作図ではなく、エルボコマンドを使います。 ここでは例として衛生配管で説明致します。 【操作方法】 ①配管を作図します。 ②リボンメニューの「衛生」タブから[エルボ]を選択します... 詳細表示

    • No:1690
    • 公開日時:2018/10/22 16:10
    • 更新日時:2020/05/18 10:03
  • 配管の中心線色、単線配管の髭色、ダクトのフランジ色の変更

    リボンメニュー下にある「図形スタイルツールバー」の[図形スタイル▼]から[中心線][髭][フランジ]を選択します。 [図形スタイル]は配管やダクトの直管部分の色となります。 ※単線の配管作図時に配管色を変更する場合は、[図形スタイル]と[髭]の両方を変更するようにしてください。 配管の色変更についてはこちら 詳細表示

    • No:1181
    • 公開日時:2020/11/16 10:26

    • CubeCeeD
  • 配管に省略記号を配置したい

    [管端記号]コマンドを使います。 【操作方法】 ①リボンメニューの「衛生」または「空調」タブから[管端記号]を選択します。 (ダクトに付加する場合は「ダクト」タブより[管端記号]を選択します。) ②記号を配置したい配管の端点(または端点に近い位置)をクリックします。 ◆付加した記号を削除するには [管端記号]コマンドを実行し、削除したい記号をク... 詳細表示

    • No:1746
    • 公開日時:2018/03/19 13:56
    • 更新日時:2019/07/10 11:10

    • RiseCube
  • チャンバー・ボックス

    下記手順でチャンバー、ボックスの設定を行い、図面に配置してください。 ※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「ダクト」より「器具」を選択します。 ②「チャンバー・ボックス・羽子板」フォルダをクリックし、一覧よりチャンバー(またはボックス)を選択します。 ③... 詳細表示

    • No:3554
    • 公開日時:2020/02/17 09:38
  • 最新の用途マスターを読み込みたい

    最新の用途マスター(標準の用途マスター)を読み込む方法は次の通りです。 「マスターが1つも存在しません」のようなエラーメッセージが表示された場合も以下の手順をお願い致します。 用途マスターとは、配管用途マスター、ダクト用途マスターのことをさし、管材と継手ファイルの関連付け情報を用途として管理しているマスターです。 その他に、その用途の「管の色」・「ペ... 詳細表示

    • No:301
    • 公開日時:2018/07/01 00:00
    • 更新日時:2020/08/08 11:13

    • CeeDCube
  • ワープ機能の使い方

    「ワープ」とは図面内の図形と同じコマンド、属性(色、線種、線幅、レイヤ)ですぐに作図ができる機能です。 リボンメニューからコマンドを探すことなく、スムーズな図面作図が可能となります。 配管、ダクト、配線、機器、電気シンボル、寸法線、ラベルなどほとんどの図形からワープが可能です。 【操作手順】 ①同じ属性で作図したい図形を右クリックします。 ②ショートカッ... 詳細表示

    • No:3979
    • 公開日時:2020/11/16 10:20

    • CeeDCube
  • 角ダクトのS管と振れダクトの作図方法

    S字ダクト(S管)と振れダクトは「作図選択」より設定が可能です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①ダクト作図コマンドを起動します。 ②「作図選択」よりS字ダクトまたは振れダクトを選択します。 <作図例> 詳細表示

    • No:3440
    • 公開日時:2019/08/23 15:44

81件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ