• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2739
  • 公開日時 : 2018/10/10 00:00
  • 印刷
Cube

コンクリート打込図について

[コンクリート打込図]コマンドの使い方を教えてください。

カテゴリー : 

回答

[コンクリート打込図]コマンドは、エンド記号が付いた配線、電気シンボルに接続された配線からコンクリート内の配線を自動判定し、コンクリート打込図を自動的に作成します。

※ 建築図は、JWWやAutoCADなど建築躯体属性がない一般作図図面を使用してください。

※ 電気シンボルは高さを設定して配置してください。

※ 省略記号は手動で盤に繋げてから省略してください。

※ インサートは、事前にインサート図からコピーしてください。

 

※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。

 

【操作手順】

①リボンメニューの「電気」タブから[コンクリート打込図]を選択します。

 

②図面を保存するかの確認ダイアログが表示されますので、[はい]ボタンもしくは[いいえ]ボタンをクリックします。

 ここでは、例として[はい]ボタンをクリックします。

 

③「名前を付けて保存」ダイアログが表示されますので、ファイル名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。

 

④ファイル名に「_打込図」が入ります。

 

⑤図形を枠で囲むように選択します。

 

⑥右クリックで確定します。

 

⑦配線が接続された電気シンボルはコンクリートボックス、アウトレットボックスが自動配置されます。

 配線が接続されていない電気シンボル(盤以外)は削除されます。

 インサートが付いている電気シンボルは、灰色の破線で表示し「表示する器具」シートに入ります。

 通り芯(一点鎖線)が作図されている場合、コンクリートボックス、アウトレットボックス、エンド記号に寸法線が自動配置されます。

 インサートに寸法線が自動配置されます。

 エンド記号が付いている配線は、コンクリート内のみの配線にし、コンクリート外の配線は削除されます。

 傍記を配線種類・配管サイズのみに変更します。

 

 

<ワンポイント>

躯体の寸法線を消さないようにするには

 

コンクリート打込図で躯体の寸法線が選択されている場合、寸法線が消えてしまいます。

躯体の寸法線を消したくない場合は、あらかじめ寸法線が入っているレイヤを編集不可にするか、もしくは寸法線を選択しないようにします。

追加機能対応バージョン
V1.510

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ