• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3595
  • 公開日時 : 2020/01/15 11:49
  • 更新日時 : 2020/09/12 21:13
  • 印刷
CeeD

角度補正と距離補正【FILDERCeeD】

配管をまっすぐ作図するための角度補正や、50mmや100mm単位の距離で作図する設定はどこですか?

カテゴリー : 

回答

角度補正・距離補正はリボンメニューの下に設定があります。

 

 

距離・角度それぞれのの「ON/OFF」ボタンをクリックして切り替えます。

線や補助線をフリーの角度(自由な角度)で作図したい場合は角度補正をOFFにします。

 

■距離補正・・・ONの状態で作図すると50mm単位、100mm単位など切りの良い距離で作図することができます。

        ※あまり大きな数値を入力すると図形の伸縮や作図の際に微調整ができなくなりますのでご注意ください。

■角度補正・・・配管やダクトをまっすぐ作図したい場合は角度補正をONの状態にします。角度は「30 45」などに設定します。

角度参照・・・角度が不明な建築などの線分を参照して同じ角度で配管や線分を作図したい場合に使用します。

        ※建築躯体や躯体トレースなど一部のコマンドで角度参照が有効にならない場合があります。

 

<ワンポイント>

補正と座標アシストの関係

 

距離補正、角度補正が「ON」の場合、図形の移動や配置の際にマウスカーソルの位置と仮表示の位置がずれて表示される場合があります。

そのような場合でも、目標点に「交」・「端」・「中」などのアシスト表示がある場合は、アシストの位置を優先します。

※アシストを優先しない設定に変更している場合は仮表示位置が優先となります

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ