• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3640
  • 公開日時 : 2020/04/27 16:34
  • 印刷
CeeDCube

クリップで隠線した配管やダクトを移動(複写)すると隠線が解除されてしまう

隠線処理の「クリップ」を使って隠線処理を行った配管やダクトを移動(複写)すると、隠線が全て解除されてしまいます。

隠線を保ったまま移動(複写)することはできませんか?

カテゴリー : 

回答

移動や複写などの編集時に「自動隠線」する設定となっているため、クリップした隠線が復活します。

下記の設定を行うと、移動や複写時に現在の隠線を維持することができます。

ここでは例として「配管設定」の変更を行いますが、「ダクト設定」でも同じ設定が可能です。

 

【操作手順】

①リボンメニューの「設定」タブより「配管設定」を選択します。

②「隠線」タブをクリックします。

③「編集時(自動隠線)」の「自動隠線を行う」のチェックを外します。

④[OK]ボタンをクリックします。

 

上記設定後、クリップ隠線を含む配管やダクトを移動した場合に隠線の状態を保持することができます。

 

※注意※

この設定は「配管設定」、「ダクト設定」、「電気設定」全ての隠線設定に連動しておりますので、

編集後は元の設定に戻すようお願い致します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ