• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3979
  • 公開日時 : 2020/11/16 10:20
  • 印刷
CeeDCube

ワープ機能の使い方

回答

「ワープ」とは図面内の図形と同じコマンド、属性(色、線種、線幅、レイヤ)ですぐに作図ができる機能です。

リボンメニューからコマンドを探すことなく、スムーズな図面作図が可能となります。

配管、ダクト、配線、機器、電気シンボル、寸法線、ラベルなどほとんどの図形からワープが可能です。

 

【操作手順】

①同じ属性で作図したい図形を右クリックします。

②ショートカットメニューの最上部にある「ワープ〇〇(コマンド名)」を選択します。

③コマンドが起動し作図可能となります。

 

 

※注意※

・「レイヤ振り分けモード1」の場合、ワープした図形と同じレイヤに作成されます。

・「レイヤ振り分けモード2」の場合、配管やダクトなどの設備情報は現在のカレントグループに新たにレイヤが生成されます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ