• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4420
  • 公開日時 : 2021/09/13 10:24
  • 印刷
CeeDCube

電気シンボルの一部が欠けてしまう

電気シンボルを移動したり、配線を作図したりすると電気シンボルの一部が欠ける場合があります。

 

カテゴリー : 

回答

シンボルには高さが設定されているため、高さ違いのシンボルが重なった場合に自動隠線されます。

下記いずれかの手順で隠線を解除することができます。

 

 

1.シンボルの高さを同じにする(推奨)

【操作手順】

①コマンドキャンセルの状態でシンボルを選択し高さを確認します。

 (それぞれの高さを確認してください。)

 

 

②一方のシンボルを選択し、プロパティにてもう一方のシンボルと同じ高さに変更します。

③「高さ変更」ダイアログが表示されますので確認して[OK]ボタンをクリックします。

シンボル同士が同じ高さになることにより、編集時の隠線処理が解除されます。

 

 

2.【隠線】コマンドを使って隠線を解除する

【操作手順】

①リボンメニューの「電気」タブより[隠線処理]コマンドを起動します。

②コマンドプロパティの「モード」より「復活」を選択します。

 

③隠線を解除したいシンボルを選択します。

④右クリックで確定します。

 

上記操作にて隠線が復活しますが、重なった状態のシンボルに配線を接続したり、シンボル位置を変更すると

再度自動隠線されます。配線も作図する場合は「手順1」をお使い頂くようお願い致します。

 

<ワンポイント>

配置時に自動的に高さを設定したくない場合(必要な時だけ自分で決めたい)

 

⑴リボンメニューの「設定」タブより「電気設定」を選択します。

⑵「シンボル」タブをクリックします。

⑶「高さ」欄の「高さ」の登録より「しない(プロパティ入力値を保持)を選択します。

⑷[OK]ボタンをクリックします。

 

上記設定により、シンボル毎に設定された高さでの配置ではなく、必要な場合のみ高さを手入力して配置する

方法に変更されます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ