• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4494
  • 公開日時 : 2021/09/20 10:16
  • 印刷
CeeDCube

回路記号が一般図形化される

FILDER CeeD(FILDER Cube)で回路記号を配置して保存した図面を開くと、回路記号が一般図形化

(一般作図化)されることがあります。

 

「図面内にデータの破損が見つかりました。破損したデータは一般作図化され、自動作成されたシートへ移動しました。」

というPDFが表示されます。

カテゴリー : 

回答

FILDER CeeDV2.2、FILDER CubeV1.7で発生した不具合です。

大変申し訳ございませんが、次のバージョンアップまでは以下の方法で回避をお願い致します。

尚、一度破損してしまった回路記号のデータは復旧することができません。

恐れ入りますが、以下の回避方法を実施後、再配置をお願い致します。

 

本現象が発生する条件

 A)図面内に機器、配管、電気シンボルが1個も配置されていないFILDER CeeD(FILDER Cube)図面

 B)Aに該当する図面をFILDER CeeD(FILDER Cube)起動直後に開き(図面名のダブルクリックも同様)

  回路記号を配置し、上書き保存

 

上記操作で保存された図面を次に開いた場合に、回路記号が一般図形化されるという不具合です。

jwwファイルやdxfファイルなどを事前にFILDER形式で保存した図面(複数図面変換含む)に電気図面を

作図するケースで発生します。

 

次期バージョンまでの回避方法

 ①現象が起きたPCではシステム内に壊れたキャッシュデータが残っております。

 FILDER CeeD(FILDER Cube)を終了した状態で、以下のフォルダ内のファイル及びフォルダを

 全て削除してください。

  

 「Cドライブ」-「ProgramData」-「Daikin」-「FILDER CeeD(FILDER Cube)」-「Temp」

  内のファイル・フォルダを削除

  

 ②FILDER CeeD(FILDER Cube)起動後、ダミーとして新規図面を開いた上で、対象の図面を開いて

 作図してください。この手順でA)に該当する図面でも現象が起こらなくなります。

 

 ※②の手順は図面作図の際毎回実施していただくようお願い致します。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ