• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 732
  • 公開日時 : 2017/01/11 16:30
  • 更新日時 : 2019/07/10 11:43
  • 印刷
RiseCube

レイアウト、シートとは?

レイアウト、シートとはどのような機能ですか?
カテゴリー : 

回答

レイアウトとは、「ビューポート」という窓から作業空間を見ることができ、その「ビューポート」を適切に配置し、図面の体裁を整えることができます。
レイアウトでは、ひとつの図面ファイルの中に複数作成することができ、作業空間で作成した図面を様々な表示倍率や視点で表示させることができる便利な機能です。
 
シートとは、作業空間・レイアウトのそれぞれに対して、まるでレイヤのように作図内容を区分し、表示の設定(表示/非表示/編集不可、線色・線幅の設定など)ができます。
対象のシートが非表示や編集不可の場合でも、そのシートタブをクリックし、カレントシートにすると、表示や編集をすることができますので都度設定内容を解除する必要がありません。
 
レイアウト、シートの詳細項目は下記に記載されておりますのでご確認ください。
 
◆レイアウトについて
 
・作業空間に作図した図面を、レイアウトではビューポート機能を使って印刷に適したスケールや配置の図面を作成できます。(例:分割図など)
・レイアウトを1枚の図面としてファイル出力することができます。
・レイアウトにも作図が可能です。(例:図面枠、表題欄、表、凡例など)
・レイアウト間の図形の移動・複写ができます。
・「レイアウト」タブをダブルクリックすると、「レイアウト属性編集」ダイアログが表示されますので、スケールや印刷マージンなどの設定ができます。
 
 
◆シートについて
 
シートは作業空間、レイアウトそれぞれに作成することができます。
・シートタブの切替えでシートをまるでレイヤのように扱うことができます。
・非表示や編集不可のシートも、対象のシートを選択するだけで表示され、編集も可能になります。
・別のシートに作図された図形に隠線処理ができます。
・シートを1枚の図面としてファイル出力することができます。
・シート以外を通常表示色とは違う色に設定することで、各シートごとにどの図形が作図されているかが分かりやすくなります。
・シート単位の非表示/編集不可設定が簡単にでき、選択したシートは設定に関わらず表示・編集可となります。
・シート間の図形の移動/複写ができます。
・シートタブをダブルクリックすると、「シート属性編集」ダイアログが表示されますので、スケールや線色・線幅などの設定ができます。
 
 
≪制限事項≫
 
・レイアウトの複数印刷はできません。
・レイアウトで作業空間タブとレイアウトタブが混在した選択はできません。
・<>/”¥:;?|=,をレイアウト名称に使用した場合、レイアウト単位でファイル出力するとファイル名称の記号部分が_(アンダーバー)に置換わります。
・<>/”¥:;?|=,をシート名称に使用した場合、シート単位のファイル出力ができません。
・FILDER Riseの場合、シート間で接続はできません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ