• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 735
  • 公開日時 : 2018/07/01 00:00
  • 更新日時 : 2019/03/14 13:14
  • 印刷
RiseCube

ビューポートとは?

ビューポートとはどのような機能ですか?
カテゴリー : 

回答

ビューポートとは、レイアウトに配置することができる、作業空間に向かって開けられた窓のようなものです。
ビューポートにおいても、スケールや大きさ、表示/非表示などを設定することができます。
また、1つのレイアウトに複数のビューポートを配置することができ、図面を分割して表示することができます。
ビューポート内の図形は、クリックしても選択できません。
図面内に作図・編集したい場合は、作業空間タブをクリックし、作業空間で作図・編集をしていただくと、ビューポートへも反映されます。
 
※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。
 
◆ビューポートを作成する方法
 ここでは、例としてあらかじめ作成してある「レイアウト1」にビューポートを作成します。
 また、「レイアウト1」には図面枠を配置してあるものとします。

【操作手順】

①作業空間タブをクリックし、ビューポートで表示させる領域をあらかじめ補助線で指定します。
 
②「レイアウト1」タブをクリックします。
 
③レイアウトタブの上で右クリックし、ショートカットメニューから「ビューポート作成」を選択します。
 
④「ビューポート作成」ダイアログが表示されますので、各項目の設定をします。
 ここでは、例としてスケールを「1/50」、「外郭線を表示する」のチェックを外す、指示方法を「矩形」に設定します。
 
⑤[OK]ボタンをクリックします。
 
⑥画面が作業空間に移動しますので、その画面上でレイアウトに配置するビューポートの大きさ・形を指定します。
 ①で選択範囲を補助線で描いているので、その補助線に合うように、1点目と対角線上の2点目をクリックして選択します。
※この時に、タブをクリックして空間の変更はしないように注意してください。
 
⑦ビューポートの配置位置をクリックします。
 配置位置の基点は左下になります。
 
 レイアウトにビューポートが配置されます。
 
 
 
◆ビューポートの表示領域サイズを変更する方法

【操作手順】

①ビューポートをクリックします。
 
②ビューポートの矩形の頂点と辺の中点に■のコントロールポイントが表示されます。
 マウスで■のコントロールポイントをクリックしたまま拡大・縮小させたい方向へドラッグします。
 
 ビューポートの表示領域サイズが変更されます。
 
 
◆ビューポートのスケールを変更する方法

【操作手順】

①ビューポート上で右クリックし、ショートカットメニューから「属性編集」を選択します。
 
②「ビューポート編集」ダイアログが表示されますので、「スケール」欄の数値を変更します。
 スケール以外にも、ビューポートの大きさ、外郭線の表示/非表示などを変更することができます。
 
③[OK]ボタンをクリックします。
 
 
◆ビューポートのレイヤを設定する方法

【操作手順】

①ビューポート上で右クリックし、ショートカットメニューから「レイヤ制御」を選択します。
 
②「レイヤ詳細」ダイアログが表示されますので、ビューポートのレイヤの設定をすることができます。
 ・このビュー▼:①で指定したビューポートのみ表示/非表示、編集可/編集不可などの設定が反映されます。
 ・新ビュー▼:新規作成するビューポート内のレイヤに表示/非表示、編集可/編集不可などの設定が反映されます。
 
 
<ワンポイント>
レイアウトを作成する方法
 
①「作業空間」タブを右クリックし、ショートカットメニューから「レイアウト新規作成」を選択します。
②「レイアウト新規作成」ダイアログが表示されますので、名称やスケールなどを設定します。
③[OK]ボタンをクリックします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ