• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4156
  • 公開日時 : 2021/02/16 10:44
CeeDCube

照度分布図を作成したい

ルミナス連携機能を使った照度分布図を作成する方法を以下より選択してください。

尚、この機能を使う場合「ルミナスプランナー」のインストールとFILDER CeeD(FILDER Cube)側での初期設定が必要となります。

お済みでない場合、こちらのFAQを先にご確認ください。

シンボルを一括配置して照度分布図を作成したい

回答

【操作手順】

 

①リボンメニューの「電気」タブより[照度分布 部屋設定]コマンドを選択します。

②今回はエリア指示方法は「矩形」を選択します。

③室名を入力し[次へ]ボタンをクリックします。

 

④配置する部屋の頂点と頂点をクリックし、部屋の領域を設定します。

⑤「続けてパナソニックの照明器具を指示したエリアに配置しますか?」の問い合わせで「はい」をクリックします。

 

⑥「下記手順で照明器具を配置できます。」という説明ダイアログが表示されますので[はい]ボタンをクリックします。

 

⑦「照明器具選択」ダイアログが表示されますので型番で検索し、[OK]ボタンをクリックします。

⑧器具の詳細画面が表示されますので再度[OK]ボタンをクリックします。

 

⑨電気シンボル配置ダイアログが表示されますので、図面に配置するシンボルを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 ここでは例として「一般照明(蛍光灯)」より選択します。

 

★「外径寸法を取得」にチェックが入っている場合、手順⑦のダイアログに記載されている「寸法」を自動取得します。

 「寸法」欄が空白の場合は「照明器具の外径寸法が有りませんでした」というメッセージが表示されます。

 この場合、配置するシンボルのサイズは自動取得されません。

 

⑩設定エリア内に照明器具が配置されます。照明の向きなどを確認します。

 

⑪右クリックで確定します。

 

⑫再度「照度分布部屋設定」ダイアログが表示されますが、ここでは[終了]ボタンをクリックし、分布図作成に移ります。

(他の部屋も続けて設定する場合は[次へ]ボタンで続けてエリア設定、器具の配置が可能です。)

⑬「続けて【照度分布図計算】を行いますか?」と表示されますので[はい]ボタンをクリックします。

 

⑭「内容表示」ダイアログの[計算]ボタンをクリックします。

⑮「全てを計算する」にチェックが入った状態で[OK]ボタンをクリックします。

 

⑯照度分布図が作成されました。

 

⑰続けて「照明器具表」と「計算結果表」を任意の位置に貼り付けます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ