• No : 2333
  • 公開日時 : 2018/07/21 08:20
  • 更新日時 : 2018/09/06 12:20
  • 印刷

立面図と平面図を連動させたい

回答

立面貼付けコマンドは平面図とは連動しません。

平面図を変更した場合は再度貼付けを行ってください。

立面を連動させた状態で平面図横に配置したい場合は「ビューポート作成(立面)」を使用します。

ビューポートとは、作業空間に向かって開けられた窓のようなものです。

◆ビューポート(立面)を作成する方法

※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。
 

例として作業空間にビューポートを作成します。

 

①作業空間タブの上で右クリックし「ビューポート作成(立面)」をクリックします。

 

②ビューポート作成ダイアログが開きますので、任意のスケールを設定し[OK]をクリックします。

 

③立面追加ダイアログが開きますので、表示させたい面を選択し[OK]をクリックします。

 

④立面表示させたい部分を選択し、確定します。

 

 

 

⑤画面が立面画面へ移動し、先ほど選択した部分の立面図が表示されます。

  1点目と2点目をクリックしてビューポートの形と大きさを決めます。

 

 

⑥画面が作業空間へ戻りますので、ビューポートの配置位置を指示します。 

 

<ワンポイント>

・ビューポート内の図形は、クリックしても選択できません。
 作図/編集するには、ビューポートをダブルクリックします。 終了するには立面図の画面を×で閉じます。
・平面図とビューポートのどちらで作図/編集をしても、連動されます。
・ビューポートはスケールや大きさ、表示/非表示なども設定することができます。