• No : 2735
  • 公開日時 : 2018/10/10 00:00
  • 印刷
Cube

図面比較ファイル指定

図面比較ファイル指定の操作方法を教えてください。

カテゴリー : 

回答

図面比較ファイル指定では、2つの建築図面(IFC、JWW、DWGなど)を比較し、変更箇所がわかるように表示します。

下記手順で操作してください。

 

※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。

 

◆JWW、DWG/DXFファイルの図面比較

【操作手順】

①リボンメニューの「ホーム」タブから[図面比較ファイル指定]を選択します。

 

②「図面比較」ダイアログが表示されますので、比較元図面ファイルの右側[・・・]ボタンをクリックします。

 もしくは、ファイルを「元図面」欄へドラッグ&ドロップします。

 

③「開く」ダイアログが表示されますので、比較元図面を指定し、[開く]ボタンをクリックします。

 

④比較対象図面ファイルの右側[・・・]ボタンをクリックします。

 もしくは、ファイルを「対象図面」欄へドラッグ&ドロップします。

 

⑤「開く」ダイアログが表示されますので、比較対象図面ファイルを指定し、[開く]ボタンをクリックします。

 

⑥[OK]ボタンをクリックします。

 

⑦「比較結果一覧」ダイアログが表示されます。

 比較結果が別図面として作成され、比較元図面と比較対象図面を比較対象エリアとして複数エリアに区切って、差異があったエリアの番号を表示します。

 エリア番号をクリックすると、右側のプレビュー画面でクリックした番号のエリアが黄緑色の枠で囲まれます。

 ⑴比較精度:実寸で比較時のズレを検出する精度を設定します。精度を上げる(数値を小さくする)と比較に時間がかかります。

  また、32bit版ではメモリ不足になる可能性があります。

 ⑵エリア分割数:エリア分割数を変更する場合は、「自動分割」のチェックを外し、分割数の数値を指定し[再比較]ボタンをクリックします。

 ⑶赤色が比較元図面、青色が比較対象図面の差分となります。一致している部分はグレーで表示されます。

 

⑧[差異シート作成]ボタンをクリックします。

 

⑨比較結果として差異シートを作成するかどうかの確認ダイアログが表示されます。

 ここでは、例として[はい]ボタンをクリックします。

 

⑩比較結果一覧を閉じるかどうかのダイアログが表示されます。

 ここでは、例として[いいえ]ボタンをクリックします。

 

⑪⑩で[はい]ボタンを選択した場合、「名前を付けて保存」ダイアログが表示されますので、比較結果図面を保存する場合は[保存]ボタンをクリックします。

 保存すると「ファイル名_比較結果.dcs」の名前でファイルが保存されます。

 保存せずに閉じる場合は[キャンセル]ボタンをクリックします。

 

⑫比較元図面に比較結果として「元図面のみ」、「対象図面のみ」シートが作成されます。

※比較する図面のカレントスケールが異なる場合、スケールを合わせても同じスケールとならない図形は正しく比較できません。

 

⑬⑩で比較結果図面を閉じ比較結果一覧を閉じた場合、比較結果一覧を再表示させるには、リボンメニューの「ホーム」タブから[比較結果一覧]を選択します。

 

⑭元図面が閉じている場合、元図面を開くかどうかのダイアログが表示されますので、開く場合は[はい]ボタンをクリックします。

 

 

◆IFCファイル同士の図面比較

【操作手順】

①リボンメニューの「ホーム」タブから[図面比較ファイル指定]を選択します。

 

②「図面比較」ダイアログが表示されますので、比較元図面ファイルの右側[・・・]ボタンをクリックします。

 もしくは、ファイルを「元図面]欄へドラッグ&ドロップします。

 

③「開く」ダイアログが表示されますので、比較元図面を指定し、[開く]ボタンをクリックします。

 

④比較対象図面ファイルの右側[・・・]ボタンをクリックします。

 もしくは、ファイルを「対象図面」欄へドラッグ&ドロップします。

 

⑤「開く」ダイアログが表示されますので、比較対象図面ファイルを指定し、[開く]ボタンをクリックします。

 

⑥[OK]ボタンをクリックします。

 

⑦IFCファイル同士を比較する場合、確認のダイアログが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

 

⑧「表示フロア選択」ダイアログが表示されますので、比較するフロアを指定する場合は、右側の設定で「全ての階を読み込む」のチェックを外し、左側一覧からフロアを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 全ての階を比較する場合は、フロアを指定せずに[OK]ボタンをクリックします。

※左側一覧のフロアは、比較する2つの図面に共通項目ツールバーで存在する同一の階名称のみ表示・選択可能となります。

※比較する部品、比較結果としてIFC変換する部品は、「部品詳細」で指定されている部品のみとなります。

 

⑨比較結果のシートが入った図面(比較対象図面ファイルの図面名に“_ifc”が付いた図面名のファイル)が表示されます。

 

比較図面①②の部品の有無

比較図面①②の

比較結果

比較結果図面のシートの状態

比較図面①

比較図面②

比較図面①の

比較結果シート

比較図面②の

比較結果シート

1

変更なし

なし

グレー

2

×

削除

なし

3

×

追加

なし

4

変更あり

 

⑩比較結果図面を保存する場合は「上書き保存」または「名前を付けて保存」で保存します。

追加機能対応バージョン
V1.510