• No : 3424
  • 公開日時 : 2019/09/27 08:58
  • 更新日時 : 2021/07/01 12:00
  • 印刷

水平ハンチ・水平ドロップの作図方法

ハンチ(またはドロップ)付きの梁を作成することはできますか?

カテゴリー : 

回答

水平ハンチ、水平ドロップはまず柱と梁、または連続梁を作図した後に付加します。

 

壁・梁の作図方法はこちらをご覧ください

 

【操作方法】

 

①リボンメニューの「建築躯体」の「連続コンクリート梁▼」より「水平ハンチ・ドロップ」を選択します。

②プロパティにて「ハンチ」または「ドロップ」を選択し、「幅」、「長さ」を設定します。

③梁をクリックします。

④柱をクリックします。(連続梁の場合は対角に向かい合う梁の線分をクリックします)

 

<ワンポイント>

 「選択不可:部品種類が対象外です」とエラーが出て付加できない場合

 

手順④にてこのようなメッセージが出た場合は、柱と梁が接続されていない可能性があります。

柱の縁からではなく、芯から梁を接続して作図されているもののみハンチ、ドロップの付加が可能となっております。

「壁・梁伸縮」コマンドにてまず柱と梁を接続してから再度ハンチ、ドロップの付加をお願い致します。

 

⑴リボンメニューの「建築躯体」より「壁・梁伸縮」コマンドを選択します。

⑵梁の”端(端点)”をクリックします。

⑶柱の中心の”端(端点)”をクリックします。