• No : 3572
  • 公開日時 : 2020/02/25 10:29
  • 更新日時 : 2022/03/05 13:41
  • 印刷
CeeD

冷媒管サイズ表の作成

回答

FILDER CeeDで配管を作成した場合、簡単に冷媒サイズの一覧を作図することができます。

※FILDER Cubeでは対応しておりません。

【操作手順】

①リボンメニューの「空調」タブより[冷媒管サイズ表]を選択します。

 

②コマンドプロパティの[冷媒管サイズ記号設定]ボタンをクリックし設定を確認します。

③サイズ記号の割当をしていない場合は[割当]ボタンで図面内で使用している口径のみ表示します。

④「表示順1」よりガス管、液管の表示順を選択します。

★ 今後、表示順の設定を新規図面で使用する場合は、[デフォルト登録]ボタンをクリックします。

⑤[OK]ボタンをクリックします。

 

⑥配置します。表示の形式はコマンドプロパティの「表の形式」より選択可能です。

 

※3管式の冷媒を使用していない図面の場合でも空の表が付加されますので、不要な部分は削除をお願いします。

 

<ワンポイント>

冷媒管サイズ表の自動更新について

 

配置した冷媒管作図表は、追加で冷媒管を作図した場合や、配管の冷媒管サイズを変更した場合などに

自動で更新されます。

1枚の図面内に複数の系統を作図しているような場合に、配置済みの冷媒管サイズ表が自動で更新するのを

防ぎたい場合は、「基本図形化」してください。

 

⑴コマンドキャンセルの状態で配置した表を選択し右クリックします。

⑵[基本図形化]を選択します。

⑶部品情報に関する確認事項が表示されますので[はい]を選択します。