• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 312
  • 公開日時 : 2016/08/02 11:38
  • 更新日時 : 2017/11/20 15:01
  • 印刷
RiseCube

見積連動について

見積連動について教えてください。
カテゴリー : 

回答

図面に描かれている配管・ダクト・器具・機器から、見積りに必要な集計を行います。
施工区分の設定ができますので、施工区分ごとに集計をすることもできます。
 ※ DXF形式で入手した設計図など、設備の属性がない基本図形で描かれている配管・ダクト・器具・機器は、
   「設備化」または「部材情報付きシンボル」による情報付加が必要です。
 
集計した情報データを積算ソフトに渡すことにより、見積書を作成することができます。
 
対応積算ソフト:コスモソフト社製 「見積オプション」、「PLANEST ef」、「PLANEST Bitz(オプション対応)」
 ※ 積算ソフトのご利用方法は、各ソフトの操作マニュアルをご確認ください。
 
見積連動の操作説明は添付ファイルをご参照ください。
 
【FILDER Rise 見積連動マニュアル】
1.区分追加
 1-1.区分作成
2.拾い情報追加
 2-1.部材情報追加・変更
 2-2.部材情報付シンボル
3.拾い
 3-1.拾い
 3-2.電線長さ表示
4.設定
 4-1.立下りマーク表示
 4-2.開放端点マーク表示
 4-3.情報追加表示設定
 4-4.拾い設定
 
【FILDER Cube 積算連動マニュアル】
CAD積算連動機能について
1.区分追加
 1-1.区分作成
2.拾い情報追加
 2-1.部材情報追加・変更
 2-2.部材情報付シンボル
3.拾い
 3-1.拾い
4.設定
 4-2.情報追加表示設定
 4-3.拾い設定
5.電気図面について
 5-1.電線長さ表示
 5-2.立下りマーク表示

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ