• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 426
  • 公開日時 : 2016/12/22 11:59
  • 更新日時 : 2018/08/28 17:58
  • 印刷
RiseCube

線や色を指定して選択

線や色など、特定の条件の図形を選択する方法はありますか?
カテゴリー : 

回答

弊社CADでは、線種、線色、線幅、レイヤ、図形(図形タイプか使用中の部品)を指定して選択することができます。
指定して選択をする場合は「システム設定」から選択対象を設定します。
 
また、図形や色で選択する場合は、図形を選択した時に表示されるミニツールバーで簡単に選択することができます。
 
※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。
※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。
※ FILDER Riseをご利用のお客様は、「FILDER Cube」と記載されている個所を「FILDER Rise」に読み替えてください。
  FILDER CubeとFILDER Riseで操作が異なる箇所がある場合、両方のご説明を記載致します。(この場合FILDER Riseの画像は掲載致しません)
 
 
◆システム設定で指定し選択

【操作手順】

①画面下の選択制御ツールバーの[選択]ボタンをクリックします。
 (リボンメニューの「設定」タブから[環境設定]を選択し、「システム設定」ダイアログが表示されたら「選択」タブを選択します。)
 
②「システム設定」ダイアログが表示されますので、下記の項目から選択したいものにチェックを入れます。
 複数の属性を指定して選択することができます。
 ⑴ 線色の指定
 ⑵ 線種の指定
 ⑶ 線幅の指定
 ⑷ レイヤの指定
 ⑸ 図形の指定(「図形タイプ」で指定するか、「使用中の部品」で指定します)
 ここでは、例として13番の線色のみを指定します。
 
③[OK]ボタンをクリックします。
 
④図形を枠で囲むように選択します。
 
②で指定した図形のみ選択することができます。
 
 
<ワンポイント>
システム設定の選択条件設定
 
「システム設定」では下記の設定をすることもできます。
 
☆1
 ・コマンド終了時に全て選択可能な状態に戻る
当コマンドによる選択属性の適用を一度限りとし、次の選択時には全てが選択可能状態に戻す場合はチェックを入れます。
 ・自動的に複数候補選択モードにする
線が重なって作図されている等、選択したときに複数の対象がある場合、自動的に複数選択モードにする場合はチェックを入れます。
 ・使用中の属性・部品に絞る
選択内容を使用中の属性・部品のみ表示する場合はチェックを入れます。
 ・電気シンボル・機器は型番まで固定する
選択内容を電気シンボル・機器の型番まで固定する場合はチェックを入れます。
 ・円弧配線以外の配線も1クリックで系統選択
配線(円弧配線以外)を1クリックで系統選択する場合はチェックを入れます。
 ・PART_IN/ALL_INをマウス移動方向で切替える
選択種類で選択しているPART_IN(一部でも含む)、ALL_IN(完全に含む)をカーソルの動きだけで指示する場合はチェックを入れます。
 ・単体参照
図面上の図形情報(線種、線色、ペン番号、レイヤ番号、図形タイプ、使用中の部品の情報)を読み取りたいときに使用します。
 ・複数参照
図面上の図形情報(線種、線色、ペン番号、レイヤ番号、図形タイプ、使用中の部品の情報)を2つ以上読み取りたいときに使用します。
 ・追加参照
「単独参照」または「複数参照」で図面上の図形情報を読み取った後、追加で図形情報を読み取りたいときに使用します。
 
☆2
 ・ロックボタン
ON (電球が点灯している状態):各項目(情報)が選択固定可能です。
OFF(電球が消灯している状態):各項目(情報)が選択固定されず、全ての図形が選択可能です。
 ・全選
チェックボックスのチェックを全てつける場合はクリックします。
 ・反転
チェックボックスのチェックの有無を反転する場合はクリックします。
 
 
 
 
◆ミニツールバーで指定し選択

【操作手順】

①図面内の指定したい図形を選択します。
 ここでは、例として寸法線を選択します。
 
②選択した図形の近くにミニツールバーが表示されます。
 選択した図形と同じ属性の図形だけを選択する場合は[固]ボタン(選択固定)をクリックします。
 選択した図形と同じ色の図形だけを選択する場合は[色]ボタン(色選択固定)をクリックします。
 選択した図形と同じ属性と色の図形を選択する場合は[固]ボタンをクリックし、さらに[色]ボタンもクリックします。
 ここでは、例として[固]ボタンをクリックします。
 
③図形を枠で囲むように選択します。
 
①②で指定した図形と同じ属性、色の図形を選択することができます。
 
 
 
<ワンポイント>
ミニツールバーのその他の機能
 
ミニツールバーには他にも下記ボタンがあります。
 
⑴ 全候補選択・・・すべての図形を選択します。
⑵ 移動・・・選択した図形を移動します。
⑶ 複写・・・選択した図形を複写します。
⑷ 削除・・・選択した図形を削除します。
⑸ エスケープ・・・コマンド解除(コマンドキャンセル)や選択解除をします。
 
 
⑹ 口径・・・口径を表示します。口径を変更することができます。
⑺ 高さ・・・高さを表示します。高さを変更することができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ