• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4503
  • 公開日時 : 2021/11/24 15:47
CeeDCube

ビューポートの作成方法

ビューポートとは作業空間に作図された図面の一部をスケールを変えて配置した印刷レイアウトを作成したり、平面図内に立面の一部を配置できる便利な機能です。以下の選択肢をクリックしてください。

 

平面図内に立面ビューを配置したい

回答

立面と平面を連動しながら、かつ平面図に並べて配置したい場合は「ビューポート(立面)」の機能をお使いください。

 

【操作手順】

①「作業空間」(または「Model」)タブの上で右クリックし、ショートカットメニューより「ビューポート作成(立面)を選択します。

 

②ビューポートのスケールを設定し、[OK]ボタンをクリックします。

 

③表示面を選択します。

 ★立面に躯体高さの基準線(FLラインなど)が不要な場合はチェックを外してください。

④[OK]ボタンをクリックします。

 

⑤立面として表示したい範囲を範囲選択します。

 

⑥右クリック確定します。

 

⑦立面が表示されますので、平面図に配置したい範囲を選択します。

 

⑧配置基点を指示するか、エンターまたは右クリックで確定します。

※ FILDER CeeDV3.0より低いバージョン、およびFILDER Cubeではこちらの操作は省略されます。

⑨平面図で配置位置を指示します。

 ⑧で基点を指示しなかった場合は配置基点はビューポートの左下となります。

 

※ 注意 ※

立面ビューポート上でダブルクリックすると「立面ビューポート編集」画面が開きます。

配管などを編集することが可能ですが、寸法線、サイズ記号、文字などの2次元の情報は保存されません。

寸法線や文字などを作図する際はダブルクリックはせず、ビューポート上に直接作図してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ