• No : 3615
  • 公開日時 : 2020/03/24 08:50
  • 印刷
CeeD

工程表ツールの設定方法 【FILDERCeeD】

工程表ツールをインストールしましたが、起動する方法を教えてください。

カテゴリー : 

回答

工程表ツールをインストールした後、ExcelとFILDER CeeDそれぞれ下記の設定が必要です。

尚、使用可能なExcelのシステム要件は「Excel2016t)」「Excel2019」「Excel for Office365」(32bit版、64bit版)となります。

お使いのExcelのbit数がご不明な場合はこちらをご覧ください。

 

【Excelの設定】

①Excelを起動します。

②「ファイル」メニューより「オプション」を選択します。

③「セキュリティセンター」(または「トラストセンター」)を選択します。

④[セキュリティセンターの設定](または「トラストセンターの設定」)ボタンをクリックします。

⑤「マクロの設定」を選択します。

⑥「全てのマクロを有効にする」にチェックを入れます。

⑦[OK]ボタンをクリックします。

 

【FILDER CeeDの操作手順】

①リボンメニューの「ホーム」タブにある「ユーザツール」の編集ボタンをクリックします。

※FILDER CeeDではインストール時リボンメニューのグループ名称が非表示の為、「ユーザツール」ボタンが表示されていません。

 リボンメニュー右の「△」を2回クリックし、リボンメニューを最大表示に変更してください。

 

 

②新規追加ボタンを押します。

③ツールバーに表示したい名称を入力します。

 ここでは例として「工程表」と入力します。

④③で入力した項目をクリックした状態で「コマンド」欄にある[・・・]ボタンをクリックします。

 

⑤下記のフォルダより「NPSTmpl.xltm」を選択し、[開く]ボタンをクリックします。

※表示するファイルの種類を「実行可能ファイル(*.exe)」より「すべてのファイル(*_*)」に変更します。

 

ご利用のパソコンが32bitの場合

 ⇒ 「Cドライブ」-「Program Files」-「Daikin」-「ProcessSheetTool」または「ProsessSheetTool_x64」

 

ご利用のパソコンが64bitでExcelが32bitの場合

 ⇒   「Cドライブ」-「Program Files(x86)」-「Daikin」-「ProcessSheetTool」または「ProsessSheetTool_x64」

 

ご利用のパソコンが64bitでExcelが64bitの場合

 ⇒   「Cドライブ」-「Program Files」-「Daikin」-「ProcessSheetTool」または「ProsessSheetTool_x64」

 

⑥[OK]ボタンをクリックします。

 

⑦作成した「工程表」ボタンをクリックすると、Excelが起動します。

 

⑧「日付ツール」タブと「工程表ツール」タブが表示されたらご利用可能となります。

 

工程表の使い方についての詳しい資料は添付ファイルをご確認ください。

工程表の補足説明についてはこちらをご覧ください。

 

注意事項

FILDERCubeのインストールDVDよりインストールした工程表ツール(NPSTmpl.xltm)をお使いの場合は、Excelを起動すると「アドイン」タブが表示されます。「アドイン」タブより「日付」と「工程表」を切り替えてお使いください。

添付ファイル : 
工程表マニュアル_CeeD.pdf