• No : 757
  • 公開日時 : 2017/05/26 16:52
  • 更新日時 : 2018/07/27 19:20
  • 印刷
RiseCube

Excelインポートできない

図面にエクセルの表をインポートしたら「表の作成に失敗しました」とエラーが出る。
カテゴリー : 

回答

Excelインポート時、「表の作成に失敗しました」とエラーメッセージが出た際に
下記手順を行い、正常に取り込めるかご確認ください。
 
 
◆新規図面にて確認する

【操作手順】

①リボンメニューの一番左「ファイル」から[新規作成]を選択します。
②スケールはExcelを貼り付けたかった図面に合わせてください。
③再度、新規図面にExcelインポートを行って、正常に取り込めるかご確認ください。
 
※ 新規図面にExcelインポートができた場合、元の図面に不具合がある可能性がございます。
  元図面を新規図面へファイル間コピーし、新規図面で作図の続きを行ってください。
 
 
 
◆表のサイズを変更する

【操作手順】

①リボンメニューの「ツール」タブから右側[Excelインポート▼]の[Excelインポート設定]を選択します。
②「Excelインポート設定」ダイアログが表示されます。
③1番上の「表のサイズ」を「図面の高さに合わせて自動計算」にチェックを入れます。
④左下[OK]ボタンをクリックします。
⑤再度、Excelインポートを行って、正常に取り込めるかご確認ください。
 
 
 
◆フォントサイズの変更

【操作手順】

①リボンメニューの「ツール」タブから右側[Excelインポート▼]の[Excelインポート設定]を選択します。
②「Excelインポート設定」ダイアログが表示されます。
③真ん中「基準フォントサイズ」に、貼り付けたいExcelデータのメインのフォントサイズを入力します。
※ 単位がポイントと記載されていますが、Excelデータのメインのフォントサイズが「8」であれば、
  そのまま「8」と入力してください。その他の大きさの文字は、
  基準フォントサイズに合わせて自動計算されます。
④左下[OK]ボタンをクリックします。
⑤再度、Excelインポートを行って、正常に取り込めるかご確認ください。
 
 
◆Excelデータに余計なものがないか確認する

【操作手順】

①貼り付けたいExcelデータを一度、Excelで開きます。
②文字入力されている一番下の行の一段下の行からずっと下まで選択していきます。
  列は文字入力されている列幅までで構いません。
※ 念のために行番号が1000を超えるぐらいまで選択してください。
  元々の行番号が大きい方は更に下の方まで選択してください。
③選択したセルの上で右クリックし、「削除」を選択します。
④上書き保存します。
⑤再度Excelインポートを行って、正常に取り込めるかご確認ください。
 
 
上記の手順を行っても状況が改善されない場合、お手数ですがお問い合わせフォームより、本文にExcelインポートができない旨をご記入いただきお問い合わせください。