• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ツール 』 内のFAQ

32件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • アイソメ図の作図方法を教えてください

    アイソメ図の作図には、配管作図機能で描いた配管やダクトを元にアイソメ図を作図する方法と、アイソメ図を手動作図する方法があります。アイソメ図を手動作図する場合、バルブやフレキ類を配置することも可能です。 下記手順で操作してください。 ◆配管やダクト図からアイソメ図を作図する あらかじめFILDER CeeD、FILDER Cube、FILDER Riseの配管作図機能... 詳細表示

    • No:1119
    • 公開日時:2017/04/07 16:09
    • 更新日時:2020/05/01 10:32
    • カテゴリー: アイソメ

    • CeeDCube
  • 材料集計したい

    材料集計コマンドにてFilder Cubeで作図した配管やダクトなどの材料を集計することができます。 ※ FILDER Riseをご利用のお客様は、「FILDER Cube」と記載されている個所を「FILDER Rise」に読み替えてください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リ... 詳細表示

    • No:2061
    • 公開日時:2018/06/14 13:02
    • 更新日時:2018/07/17 14:42
    • カテゴリー: 材料集計  ,  拾い
  • Excelを貼付けたい

    Excelで作成された表などを、CAD図面に貼付ける場合、[Excelインポート]または[クリップボード]で貼付けることができます。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 ◆Excelのファイ... 詳細表示

  • 「クリップボードにコピーしました」とはどういう意味ですか?

    「クリップボード」とは、コピーや切り取りしたテキストの内容を一時的にパソコン内部に 保存している場所を言います。 色々なソフトで共有できる情報となっておりますので、Excelなどに簡単に貼り付けることができます。 材料集計・クリップボードの使い方についてはこちらをご覧ください。 詳細表示

  • 立面図の貼り付け

    平面図の横に立面の状態を貼付けるには「立面貼付け」コマンドを利用します。 また、「立面追加」画面では直接印刷することが出来ませんので、平面図に「立面貼付け」した状態で印刷してください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 [操作手順] ①リボンメニューの「ツール」タブより[立面貼付け]をクリックします。... 詳細表示

  • ダクトの面積

    拾いコマンドでは、m単位での集計となります。 ダクトを㎡(平米)で集計する場合は、[材料集計]コマンドをお使いください。 材料集計の方法についてはこちらをご覧ください。 詳細表示

  • アイソメの長さ表示

    下記手順で[記号設定]にて事前に設定をします。 ここでは、例として配管サイズ記号の設定でご説明します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作方法】 ①リボンメニューの「設定」タブから[記号設定]を選択します。 ②「記号設定」ダイアログが表示されますので、「配管サイズ記... 詳細表示

  • 立面図と平面図を連動させたい

    立面貼付けコマンドは平面図とは連動しません。 平面図を変更した場合は再度貼付けを行ってください。 立面を連動させた状態で平面図横に配置したい場合は「ビューポート作成(立面)」を使用します。 ビューポートとは、作業空間に向かって開けられた窓のようなものです。 ◆ビューポート(立面)を作成する方法 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER ... 詳細表示

  • 鋼材や配管架台の材料集計方法

    鋼材は、コマンドプロパティ・プロパティの「種類」・「サイズ」で長さを集計します。 鋼材の材料集計対象は「H形鋼」、「山形鋼」、「溝形鋼」です。 配管架台は、鋼材を組み合わせて作成するので、長さに換算してコマンドプロパティ・プロパティの「部品」、鋼材の「種類」、鋼材の「サイズ」で各鋼材の長さを集計します。 配管架台の材料集計対象は「門型(U形鋼)」、「門型(L形鋼)」... 詳細表示

  • 冷媒の拾い

    拾いを実行する前に、拾い設定を行います。 【操作手順】 ①リボンメニューの「見積連動」タブから[拾い設定]を選択します。 ②「拾い設定」ダイアログが表示されますので、「配管拾い」より、冷媒の集計方法を選択します。 ③[OK]をクリックします。 上記設定後、「拾い」を実行してください。 詳細表示

32件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ