• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

121件中 1 - 10 件を表示

1 / 13ページ
  • ティーズと配管の接続

    ティーズが配管の上に乗ってしまった場合、簡単に接続していただくには 配管のコントロールポイントで接続点まで伸縮していきます。 【操作手順】 ①コマンドキャンセルの状態で、ティーズがのってしまった配管を選択します。 ②配管に▲のコントロールポイントが表示されますのでクリックします。 ③ティーズの接続点まで伸縮し、クリックします。 (接続点を表す「続」という座標アシストが 詳細表示

  • 雨水の配管を使いたい

    配管マスターにて追加することが可能です。 【操作手順】 ①「設定」の「配管設定」を開きます。 ②「配管マスター」タブを開きます。 ③用途名称の一覧より、追加したい雨水の配管を選択します。 ④用途利用「使用する」にチェックを入れます。 ★今後もこのマスターを使用する場合は[デフォルト登録]ボタンを押します。 ⑤[OK]ボタンで閉じます。 上記設定により、衛生配管として使用 詳細表示

  • 機器や配管を大きく複写したい

    ます。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティの「倍率」欄の▼をクリックし、プルダウンメニューから「カーソル指示」を選択します。 FILDER Rise:プロパティの「倍率」欄の▼をクリックし、プルダウンメニューから「カーソル指示」を選択します。 ③複写する部分を枠 詳細表示

  • 配管の切断が出来ない

    切断しようとする配管のレイヤスケールと、カレントレイヤのスケールが異なっていることが原因です。 カレントレイヤを変更すると、切断が可能になります。 【操作方法】 ①図面の何もないところで右クリックし、ショートカットメニューから「レイヤ制御」を選択します。 ②一覧表示の場合、赤太字で表示されているレイヤがカレントレイヤ(作図しようとしているレイヤ)となります。 プレビュー表示 詳細表示

  • 接続先の配管高さを取得して作図したい

    初期設定では配管、ダクト作図時にプロパティの高さ(現在の属性)を優先する設定となっておりますので、 以下の方法にて接続先の高さを取得する設定に変更してください。 【設定方法】 ①リボンメニューの「設定」より「配管設定」(ダクトの場合は「ダクト設定」)を選択します。 ②「基本」タブ(初期ページです)「接続部材の属性」より「接続先の属性を使用」を選択します。 ★今後もこの設定を有効 詳細表示

  • 単線の配管に系統(種別)記号を付加したい

    配管マスターにてあらかじめ配管毎に設定してありますので、配管作図後に簡単に挿入することが可能です。 (一部初期登録のない配管もあります) 【操作方法】 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆新規で付加する方法 ①リボンメニューの「衛生」タブの「系統記号」を選択します。 (リボンメニューの「空調」・「ダクト 詳細表示

  • 配管や丸ダクトの中心線を非表示にしたい

    申し訳ございませんが、配管や丸ダクトの中心線を非表示で作図する設定はございません。 作図後に、個別に非表示にすることは可能です。 【操作方法】 ①コマンドキャンセル状態で対象の配管またはダクトを選択します。 ②右クリックし、ショートカットメニューより「中心線表示制御」を選択します。 ③ダイヤログにて中心線を「非表示」に変更します。 ④「OK」ボタンを押します。 詳細表示

  • 配管ユーザ登録した継ぎ手の単線形状サイズが変わらない

    配管ユーザ登録時に「指示形状の扱い」を「単線形状のみ登録」として登録した場合のみ 単線形状(大きさ)変更が可能になります。 「単線、複線同一形状で登録」で登録している場合は、以下の手順で変更をお願いいたします。 【操作方法】 ①リボンメニューの「衛生」または「空調」タブの「部材配置」の▼より「配管ユーザ登録」を選択します。 ②登録部材の一覧より、変更対象の部材を選択し 詳細表示

  • 途中で口径や高さを変えたい

    既に作図されている配管の途中から口径や高さを変更するには、切断して口径や高さを変更します。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ※ リボンメニューなどの画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブの[削除]から[切断]を選択します 詳細表示

  • クロスした配管

    AUTO機能を使った方法をご紹介します。 【操作方法】 ①リボンメニューの「基本作図」から「AUTO」を選択します。 ②交差した配管をひとつひとつクリックします。 ※範囲選択では継ぎ手は生成されません。 同一高さであればクロス継ぎ手で、高さ違いであればチーズで接続されます。 同一高さの場合 高さ違いの場合 詳細表示

121件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ