• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

147件中 1 - 10 件を表示

1 / 15ページ
  • 配管・ダクトマスターがなくなってしまった

    FILDER Cubeを起動した直後にマスター不整合のダイアログが表示されたり、配管、ダクトを作図しようとすると用途マスターが1つも存在しませんというダイアログが表示される、もしくはコマンドプロパティの「配管用途」、「ダクト用途」に用途がなくなってしまい、作図ができない場合は、下記手順で設定をしてください。 ◆用途マスター読込み 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブ 詳細表示

  • ティーズと配管の接続

    ティーズが配管の上に乗ってしまった場合、簡単に接続していただくには配管のコントロールポイントで接続点まで伸縮していきます。 【操作手順】 ①コマンドキャンセルの状態で、ティーズがのってしまった配管を選択します。 ②配管に▲のコントロールポイントが表示されますのでクリックします。 ③ティーズの接続点まで伸縮し、クリックします。 (接続点を表す「続」という座標アシストが 詳細表示

  • 雨水の配管を使いたい

    配管マスターにて追加することが可能です。下記設定により、衛生配管として使用することができます。 【操作手順】 ①「設定」の「配管設定」を開きます。 ②「配管マスター」タブを開きます。 ③用途名称の一覧より、追加したい雨水の配管を選択します。 ④用途利用「使用する」にチェックを入れます。 ★今後もこのマスターを使用する場合は[デフォルト登録]ボタンを押します 詳細表示

  • 同一ルートで高さ違いの配管作図

    平面図上で既存の配管と同じルートで高さ違いの配管を作図する場合、右クリックのショートカットメニューを使います。 ここでは、小便器に既に汚水配管が作図されているものとして作図手順を説明致します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[衛生配管]を選択し、コマンドプロパティで用途や高さを設定します。 ②給水の接続点からスタートし、配管を止めたい位置で右クリックします 詳細表示

  • ティーズの向きを決めながら作図

    ディーズの向きを決めながら作図する場合、下記手順で設定をします。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」より[配管設定]を選択します。 ダクトの場合は[ダクト設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「基本」タブの「部材向き変更」の項目を「問い合わせあり」に設定します。 ③[OK]ボタンをクリックします。 ④枝管を作図します。メイン管をクリック 詳細表示

  • 配線に空配管の記号を付けたい

    配管記号を付加する場合 (1)リボンメニューの「電気」タブより「配線」コマンドを選択します。 (2)コマンドプロパティの「電線種類」より「電線なし」を選択します。 (3)続けて「配線種類」より「配線なし」を選択します。 (4)コマンドプロパティの「プレビュー」に空配管記号が表示されない場合は[切替]を押して 表示内容を変更します。 (5)配線を作図すると、空配管記号も同時に付加され 詳細表示

  • 機器や配管を大きく複写したい

    ます。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」・「建築躯体」タブの中にもあります。 ②コマンドプロパティの「倍率」欄の▼をクリックし、プルダウンメニューから「カーソル指示」を選択します。 FILDER Rise:プロパティの「倍率」欄の▼をクリックし、プルダウンメニューから「カーソル指示」を選択します。 ③複写する部分を枠 詳細表示

  • 配管の切断が出来ない

    切断しようとする配管のレイヤスケールと、カレントレイヤのスケールが異なっていることが原因です。 カレントレイヤを変更すると、切断が可能になります。 【操作手順】 ①図面の何もないところで右クリックし、ショートカットメニューから「レイヤ制御」を選択します。 ②一覧表示の場合、赤太字で表示されているレイヤがカレントレイヤ(作図しようとしているレイヤ)となります。 プレビュー表示の 詳細表示

  • 接続先の配管高さを取得して作図したい

    初期設定では配管、ダクト作図時にプロパティの高さ(現在の属性)を優先する設定となっておりますので、以下の方法にて接続先の高さを取得する設定に変更してください。 【設定方法】 ①リボンメニューの「設定」から[配管設定]または[ダクト設定]を選択します。 ここでは、例として[配管設定]を選択します。 ②「配管設定」ダイアログが表示されますので、「基本」タブの「接続部材の属性」より「接続 詳細表示

  • 単線の配管に系統(種別)記号を付加したい

    配管マスターにてあらかじめ配管毎に設定してありますので、配管作図後に簡単に挿入することが可能です。 (一部初期登録のない配管もあります) ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆新規で付加する方法 【操作方法】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[系統記号]を選択します。 (リボンメニューの「空調」・「ダクト 詳細表示

147件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ