• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 配管 」 でキーワード検索した結果

234件中 141 - 150 件を表示

15 / 24ページ
  • 単線の立管に丸が表示されない

    単線で立管を作図した際、丸を表示させる設定をします。 冷媒管やポリエチレン管など、自由な曲がりのある配管で表示されない場合は「冷媒管の立管の丸表示が表示されない」を、ご参照ください。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「設定」タブから[配管設定]を選択します。 ②「配管設定 詳細表示

  • 材料集計で図形が選択不可となる

    集計をしようとしている図面は「jww」や「dxf」形式で読込んだものではありませんか? 大変申し訳ございませんが、[材料集計]や[拾い]はFilderシリーズで作図した配管、またはBe-Bridge形式で設備情報がある場合のみ有効となります。 詳細表示

    • No:1462
    • 公開日時:2017/10/04 10:31
    • 更新日時:2018/08/30 14:57
    • カテゴリー: 材料集計  ,  拾い
  • ポリラインは分解できますか

    ポリラインは一般作図化もグループ解除もできませんので、連続線の「折れ線として作図」を「Off」にした状態で書きなおしてください。 もしくは、JWWやDXFに変換していただくと分解されます。 ※JWWやDXFへ変換をすると、機器や配管などの属性はなくなります。 詳細表示

    • No:397
    • 公開日時:2016/11/29 18:23
    • 更新日時:2018/09/09 11:01
    • カテゴリー: 作図(基本作図)

    • RiseCube
  • バルブの配置方法

    2パターンの配置方法がございます。 既存配管に付属させる場合、◆リボンメニューの「バルブ」から配置する方法 が簡単です。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ここでは例として衛生のVA配管にバルブを配置します。 ◆リボンメニューの「バルブ」から配置する 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[バルブ]を 詳細表示

  • 立管の作図方法

    立管の作図手順は次の通りです。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◇既存の配管の先端に立管を作図する場合 【操作手順】 ①配管コマンドを起動し、立管を接続したい配管の”続”(接続点)をクリックします。 クリックするとプロパティには現在の配管の高さが表示されます。 ②[高さ]に「立ち上げたい高さ」を入力します 詳細表示

    • No:3120
    • 公開日時:2019/01/29 09:24
    • 更新日時:2019/07/21 16:19
    • カテゴリー: 作図(配管作図)

    • CubeRise
  • 連続寸法線の書き方(Rise)

    寸法線の連続で作図する際の作図方法がFILDER Cubeと異なります。 【操作手順】 ①リボンメニューの「傍記」タブから[寸法線]を選択します。 (リボンメニューの「ホーム」・「衛生配管」・「空調配管」・「ダクト」・「電気」タブの中にもあります。) ②コマンドプロパティの「連続」を「On」にします。 ③寸法位置を指定します。 ④寸法線の配置位置を指定 詳細表示

    • No:1196
    • 公開日時:2017/06/15 10:27
    • 更新日時:2018/07/26 13:48
    • カテゴリー: 作図(傍記)

    • Rise
  • 立管寸法の配置方法

    立管寸法の配置、編集方法は下記手順となります。 ※ FILDER Cubeの画像で説明しておりますが、FILDER Riseでも同じ手順となります。 ◆立管寸法の配置方法 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[立管寸法]を選択します。 (リボンメニューの「空調」タブの中にもあります。) FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」または「空調配管」タブの 詳細表示

  • 温度計の絵を配置したい

    温度計は「03-計器・バルブ」フォルダ内にあります。下記手順でフォルダを表示します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブから[部材配置]を選択します。 FILDER Rise:リボンメニューの「衛生配管」タブから[部材配置]を選択します。 ②「部材配置」選択ダイアログが表示されますので、左側ツリー表示から「配管器具・部品ルート」-「01-単線表示類」-「03-計器 詳細表示

  • 22.5°の継手

    22.5°の継手はVU継手の登録がございます。連続配管としては作図出来ないため、部材配置よりご利用ください。 22.5°の他、11.25°、30°、60°のエルボもご利用頂けます。 ここでは、既に配管は作図済みの状態でエルボを単品で接続する方法をご案内致します。 【操作手順】 ①リボンメニューの「衛生」タブより「部材配置」を選択します。 ②「配管器具・部品ルート」-「03-継手類 詳細表示

  • 吊りバンド、Uボルトの作図がしたい

    吊りバンドが表示されますので、選択してダブルクリックしてください。 ④支持金物配置ダイアログが表示されますので各寸法を設定します。 ⑤配置位置をクリックします。 <ワンポイント> 配置した時に配管の外経寸法を自動で取得し、また支持金物の向きが配管に沿って配置することが出来ます。 ①支持金物配置ダイアログから「外経を取得」にチェックを入れて、「配置」を単独にします。 ②配置する 詳細表示

234件中 141 - 150 件を表示

お問い合わせ