• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1096
  • 公開日時 : 2019/05/01 16:05
  • 更新日時 : 2021/05/05 10:11
  • 印刷
CeeDCube

立管寸法の配置方法

立管寸法を配置する方法を教えてください。
カテゴリー : 

回答

立管寸法の配置、編集方法は下記手順となります。
 
※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。
 
◆立管寸法の配置方法

【操作手順】

①リボンメニューの「衛生」タブから[立管寸法]を選択します。
 (リボンメニューの「空調」タブの中にもあります。)
②コマンドプロパティで個別設定、矢印設定、引出線設定など各項目の設定をします。
ここでは例として「形状:直線」、「用途種別の表示:On」、「用途種別:部品から取得」、「表示タイプ:カット」
に設定して作図します。
 
③立管をクリックします。
 複数ある場合は立管寸法を配置する立管を全てクリックします。
 
④引出線の配置位置をクリックします。
⑥サイズの配置位置をクリックします。
 
<ワンポイント>
矢印の向きはどこで設定する?
 
◆作図しながら矢印方向を選択する場合
 
配管をクリックした直後(次の配管をクリックする前、配置位置を指示する前)に、コマンドプロパティの「方向」にて上下の設定が可能です。
 
◆作図済みの矢印方向を変更する場合
 
⑴リボンメニューの「衛生」タブの[立管寸法▼]より[立管寸法矢印方向変更]を選択します。
  (リボンメニューの「空調」「ダクト」「傍記」タブの中にもあります。
⑵矢印を変更したい立管寸法をクリックします。
⑶マウスに従って矢印の位置が仮表示で確認できますので、変更したい方向でクリックします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お問い合わせ