• No : 3077
  • 公開日時 : 2020/10/24 10:56
  • 更新日時 : 2020/10/24 17:31
  • 印刷
Cube

躯体トレース

回答

「建築躯体」コマンドで簡単に躯体情報を付加することができます。

情報を付加することで3Dや立面に表示することが可能となります。

ここでは例として「梁」のトレース方法をご案内いたします。

 

※ FILDER CeeDの画像で説明しておりますが、FILDER Cubeでも同じ手順となります。
※ 画像は総合版で説明しておりますが、電気版をご利用のお客様も同じ手順となります。
 
 

【操作手順】

①リボンメニューの「建築躯体」タブより「梁」を選択します。

 FILDER Cube: リボンメニューの「躯体トレース」タブより「梁」を選択します。

 

②コマンドプロパティにて「梁成」と「配置高さ」を設定します。

③「モード」は「矩形指定」または「中心指定」に設定します。

 ここでは「矩形指定」にてご説明します。

 

④元図の梁の頂点と頂点をクリックします。

 塗りつぶしされた範囲が「梁」となります。

 

 

<ワンポイント①>

塗りつぶしの色を変更したい場合

 

(1)コマンドプロパティの「ハッチング設定 」ボタンをクリックします。

 

(2)「塗りつぶし」の[・・・]ボタンより色を変更し、[OK]ボタンをクリックします。

 

★塗りつぶしの設定を無しにする場合はチェックを外します。

※初期値では透過率が70%となっていますので、透過率の変更も可能です。

※3Dビューにて表示される躯体の色は塗りつぶしの色ではなく、「図形スタイル」の色となります。

 

<ワンポイント②>

柱(角柱)・天井・床コマンドは「頂点」を指示して複雑な形を表現できます

 

⑴ コマンドプロパティの「モード」より「頂点指定」を選択します。

⑵ 元図の頂点をすべてクリックしていきます。

⑶ 右クリックまたはEnterキーで確定します。

 

※FILDER Cubeの『躯体トレース』で作図した「壁」に『建築躯体』の「開口部」の配置はできません。FILDER CeeDのみ可能です。

 FILDER CeeDで開口部を作成する方法はこちら

※勾配のあるスラブ、床、天井の作図はできません。